Webシステムとは何か?ITインフラを理解して全体像を把握しよう!

webシステムやインフラとは

Webプログラマーを目指すのであれば、まずはWebシステムの全体像を把握することが大切です。

Webシステムの構成を理解することで、作ったアプリを公開するために何が必要なのかをイメージしやすくなります。

とはいっても、Webシステムの仕組みはかなり複雑なので、まずはWebシステムの全体像にしぼって、わかりやすく簡単に解説していきます。

そんなに難しい話はしていないので、スラスラ読めると思います。

Webシステムとは何か

Webシステムの構成

Webシステムとは、簡単にいうと「アプリケーション」と「インフラ(インフラストラクチャ―)」が組み合わさって動いているものです。

アプリケーションとは、TwitterやFacebook、Amazonなどのもとになるプログラムです。

インフラとは、そのアプリケーション以外のシステムを構成するものすべてを指します。

Twitterで例えると

「Twitter」=「アプリケーション(Twitterのプログラム)」+「インフラ」

ってことになります。

そして、プログラマーが作るのは、このアプリケーションの部分(プログラム)なんです。

「じゃあ、インフラは覚えなくていいの?」

いいえ、そんなことはありません。

Webプログラマーにとって、インフラの知識は必須スキルです。

インフラがわからないとプログラミングするための開発環境を作ることもできませんし、なにか調査しなければいけないときも必ず苦しむことになります。

Webプログラマーを目指すのであれば、インフラの知識は必ず身につけておきたいスキルの1つなんです。

ITにおけるインフラとは何か

インフラの構成

インフラ(インフラストラクチャー)と聞くと、水道やガス、電気など「生活の基盤となるもの」というイメージがありますよね。

ですが、ITにおけるインフラとは、Webシステムを構成する基盤となるものを意味します。

もっとわかりやすく簡単にいうと、「プログラマーが作ったアプリケーション(プログラム)以外すべて」ってことです。

そして、このインフラはさらに「ハードウェア」「ソフトウェア(ミドルウェア)」の2つから構成されています。

ハードウェアとは

ハードウェアとは

ハードウェアとは、コンピューターやシステムを構成する機器のことを指します。

もっと簡単にいうと、見たり触ったりできる物理的なものがハードウェアってこと。

代表的なハードウェアは、以下のようなものです。

  • パソコン
  • キーボード
  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ(HDD、SSD)

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは

ソフトウェアとは、何かしらの処理をおこなうプログラムのことです。

ハードウェアとは逆で、見たり触ったりできないものがソフトウェアになります。

代表的なソフトウェアには以下のようなものがありますが、このなかでインフラに含まれるのは「OS(オペレーティングシステム)」と「サーバ」だけです。

  • ブラウザ
  • ゲーム
  • ツール
  • OS(Windows、Linuxなど)
  • サーバ(Webサーバ、DBサーバなど)

ミドルウェアとは

ミドルウェアとは、アプリケーションとOSの間で支えるソフトウェアのことです。

さきほど紹介した「サーバ」は、ソフトウェアに含まれる「ミドルウェア」というポジションです。

  • Webサーバ(ウェブサーバ)
  • APサーバ(アプリケーションサーバ)
  • DBサーバ(データベースサーバ)

ミドルウェアもソフトウェアの1種ですが、違いはアプリケーションのようにメインでは使われないということです。

キツネ

アプリとOSの「中間」にあるから「ミドル」って覚えておこう!

まとめ

  • Webシステムは、「アプリケーション」と「インフラ」で構成されている
  • インフラは、「ハードウェア」「ソフトウェア(ミドルウェア)」で構成されている
  • ハードウェアとは、パソコンやハードディスクのように触れるもの
  • ソフトウェアとは、OSやブラウザ、サーバのように触れることができないもの
  • ミドルウェアとは、サーバなどメインで使うことのないソフトウェア

Webシステムの全体像は、なんとなくイメージできたのではないでしょうか?

自分で作ったWebシステムを公開するためにも、インフラの知識はかなり重要です。

ただ、この記事では簡単にシステムの全体像を紹介しただけなので、つっこんだインフラの話はまったくしていません。

次は、「【Webシステムの仕組み】クライアントサーバシステムとWeb三層構造」を読んで、Webシステムの仕組みについて確認しましょう!

テキストのコピーはできません。