【初心者】RubyとPHPどっちを選ぶ?違いや難易度を比較してみる!

RubyとPHPはどっちを選ぶ

これからエンジニアを目指す方は、「Ruby」と「PHP」どっちを選べばいいのか迷うところだと思います。

言語の特徴なんて、長く使っていないと見えてこないので、「初心者には判断が難しい」というのが正直なところ。

結論からいうと、どちらの言語を選んでも後悔することはありません。

Rubyにしろ、PHPにしろ、どちらも仕事はたくさんあり、業務で使う機会は多いからです。

それにWebエンジニアを目指すのであれば、どちらの言語も使えるようになっておいたほうがいいですしね。

ただ、それでも「どっちがおすすめなの?」と聞かれたら、僕は「Ruby」と答えます。

Rubyはプログラミング講師をしている僕から見ても、初心者にベストな言語だからです。

今回は、これから学ぶプログラミング言語で迷っている方に向けて、RubyとPHPの違いについて詳しく紹介します。

RubyとPHPの違い

まずは、RubyとPHPの違い知るためにも、それぞれの言語の特徴を見ていきましょう。

プログラミング言語には、その言語が作られた理由や目指しているものがあります。

  • Rubyは、楽しくプログラミングするために作られた言語
  • PHPは、Webサイトを開発するために作られた言語

これらを踏まえたうえで、さらに詳しく見ていきます。

Rubyの特徴

Rubyとは

Rubyは、「楽しくプログラミングできる」よう設計されたプログラミング言語です。

これは、ほかの言語と比べて大きく違う点です。

PHPに比べて記述方法にも幅があり、コードも直感的に理解できるようになっているため、Rubyのコード見ると「美しいな」と感じることも多いはず。

また、Rubyには強力なWebフレームワークである「Ruby on Rails(通称:Rails)」の存在も大きいです。

Railsを学ぶ過程で、プログラミング以外にもインフラやセキュリティなどの知識を学ぶことになるため、総合的なスキルアップに繋がります。

もちろん、フレームワークはRails以外もありますが、「Railsを採用している企業が多い」というのが現状です。

そのため、初学者は「Rubyを学んだあとは何を学べばいいんだろう?」といったことにならず、Railsの勉強に集中することができます。

特に独学で学ぶ場合は、勉強用コンテンツである「Railsチュートリアル」が完成度も高くおすすめですよ。

また、Railsはプログラミングスクールでも採用しているところも多いので、学びやすい環境が揃っているといえます。

キツネ

ちなみに、僕の研修もRubyだよ!

PHPの特徴

PHPとは

PHPは、「Webサイトを簡単に開発する」ために作られたプログラミング言語です。

そのため、動的なWebサイトを簡単に構築できるなどのメリットがあります。

ですが逆に、Web以外のアプリケーション開発には向いていません。ここがRubyとの大きな違いになります。

また、PHPのフレームワークにはいくつも種類があり、そのどれもがプロジェクトで使われています。

そのため、「これさえ覚えておけば大丈夫!」とはいえない現状であり、フレームワークに関しての学習コストは少し高めです。

どれも似たようなものなのに、微妙に違うという部分を覚えなくてはいけないため、正直スキルアップ目線で答えると「少し非効率」かもしれません。

もし、PHPフレームワークをこれから学ぶのであれば、最近のトレンドである「Laravel(ララベル)」がおすすめです。

ただし、Railsのような完成度の高いチュートリアルはありませんので注意。

難易度の違い

RubyとPHPの難易度を比較した場合、少しだけRubyのほうが難しいかもしれません。

Rubyでのプログラミングは、「オブジェクト指向」という考え方を理解していなければ、ちょっとしたプログラムでも詰まる部分が出てくるからです。

また、RubyはPHPよりも記述方法に幅があり、覚えることが少し多いです。

IT業界的にも、「PHPは簡単」というイメージはありますね。

将来性の違い

RubyでもPHPでも、どちらも将来性はあります。

いまのIT業界は、どこもエンジニアが不足しているからです。

ちなみに、案件(仕事)の数だけでいえばPHPのほうが多く、年収でいえばRubyのほうが高いです。

とはいっても、エンジニア不足が続いている現状なので、どんな言語でも仕事はたくさんありますよ。

RubyとPHPどっちを選べばいい?

RubyとPHPの違いを紹介してきましたが、結局どっちを選べばいいのでしょうか?

僕は、以下の理由がない限り「Ruby」を選んだほうがいいと思っています。

  • PHPで開発したい理由がある
  • 色々なフレームワークを使いたい

たとえば、「WordPress(ブログなどのコンテンツ運営に使うPHP製のツール)のプラグインを作りたい!」のような明確な理由がある場合や、「色々なフレームワークを極めたい!」って方にはPHPもおすすめです。

ですが、効率よくスキルアップし、効率よくお金を稼ぎたいというのであれば、Rubyを選んだほうがいいでしょう。

Ruby、Railsと順番に学んでいくことで、一通りのWeb知識が身につき、それらの知識をそのままRuby案件で活かすことができます。

しかし、PHPの場合だとフレームワークも色々あり、1つ覚えても「実際の職場では使わなかった」というのはよくある話です。

その場合、フレームワークの勉強にコストがかかってしまい、スキルアップから少し遠ざかってしまいます。

色々な種類の包丁を使いこなすよりも、鍋やフライパンの使い方を覚えて、料理を作れるようになったほうが結果を出しやすいって話です。

また、年収に関してもRubyエンジニアのほうが高めなのは魅力的です。

Railsまで使えるようになれば、企業としてもほかのフレームワークを教えるコストが発生しないため、未経験者でも採用しやすいです。

最悪、Rubyの企業が見つからなかったとしても、「Railsを使えます」とアピールできれば、PHP企業の応募でも有利に働きます。

同じ未経験者でも、フレームワークを使えるかどうかは、大きな差があると思っていいです。企業側もフレームワークが使えたほうが、早い段階で戦力になると考えますからね。

もちろん、PHPのフレームワークでも同じことなのですが、応募する企業が使っているフレームワークと一致するかは完全に運なので、それならRailsでも変わらないという話です。

まとめ

RubyとPHPの違いについて、簡単にまとめます。

  • Rubyは「楽しい」、PHPは「簡単」
  • Rubyは年収は高く、PHPは案件が多い
  • RubyはRails、PHPは複数のフレームワークを覚える必要がある

冒頭でもお伝えしたとおり、Webエンジニアを目指すのであれば「Ruby」をおすすめします。

Rubyは未経験の方でも楽しくプログラミングでき、フレームワーク選びで迷う心配もないので学習に集中できます。

また、Railsを使えるようになれば、未経験者でもスキルを証明しやすく、転職でも有利です。

ただ、どんな言語であれ、プログラミングには難しいと感じる部分がたくさん出てくるもの。

「エンジニアになって人生を変えてやる!」と意気込んでみても、詰まって先へ進めなければモチベーションの維持も難しいでしょう。

独学で頑張るのか、プログラミングスクールで効率的に学ぶのか、自分が挫折せずに続けられるほうを選びましょう。

途中で投げ出してしまっては、時間を無駄にしてしまうだけですからね。

テキストのコピーはできません。