プログラミング用フォントは「Ricty」がおすすめ!日本語も対応!

プログラミング用フォントはRicty

プログラミング用フォントって知っていますか?

プログラマーであれば誰もが使っている、プログラミングに適したフォントのことです。

まさか、パソコンのデフォルト設定のまま使っていたりしないですよね?

もしそうなら、この記事を読んでササッと設定しちゃいましょう!

プログラミング用フォント「Ricty」がおすすめな理由

通常のフォントとプログラミング用フォント「Ricty」の違い、おすすめする理由についても触れておきます。

Rictyのようなプログラミング用フォントには、以下のような特徴があります。

  1. 等幅フォント
  2. 可視性や可読性が高い
  3. 日本語に対応している

等幅フォント

プログラミング用フォントは「等幅フォント」が普通です。

これは、半角と全角(半角2つ分)の幅が揃っているフォントのことだと思ってください。

以下の文字を見てもらえるとわかりやすいですね。

1234567890
あいうえお
abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

数字とひらがな、小文字と大文字、それぞれ縦のラインが揃ってないですよね。

普段よく目にするフォントだと、上のように字が詰まってることが多いんです。

このようなフォントをプログラミングで使っていると、縦のラインがバラバラでとても見づらいです。

キツネ

プログラミングで文字を真っすぐに揃えられないのはツライ!

可視性や可読性が高い

通常のフォントでは、以下のように区別がしづらい文字というのがあります。

「l(小文字のエル)」「I(大文字のアイ)」
「0(数字のゼロ)」「O(大文字のオー)」

つまり、伝わりやすい文字を表現しようという可視性や可読性をまったく考慮していないのです。

このようなフォントでプログラミングをするのは、正直かなりキツイ。

これもプログラミング用フォントに設定することで、かなり見やすくなります。

キツネ

デフォルトフォントのままだと打ち間違いの原因になるよ!

Rictyは日本語にも対応している

では、フォントを「Ricty」に設定した場合を見てみましょう。

Rictyフォント適用

上の画像は「Emacs」というエディタにRictyフォントを設定したものですが、とても見やすいですよね。

しっかり縦のラインも揃っていますし、読みづらい「l(小文字のエル)」「I(大文字のアイ)」「0(数字のゼロ)」「O(大文字のオー)」などもしっかり区別されています。

プログラマーはRictyなどのプログラミング用フォントを使い、視認性や可読性を高めてプログラミングに集中できるようにするべきです。

ちなみに、数あるフォントのなかで「Ricty」を選ぶ理由は、ほとんどのプログラミング用フォントが日本語に対応していないこともあり、選択肢があまりないのです。

キツネ

英数字だけのプログラミング用フォントは多いけど、日本語が使えるものは少ないよ!

Rictyフォントのインストール方法(Windows)

では、さっそくRictyフォントをインストールしてみましょう。

  1. Rictyフォントのダウンロード
  2. Rictyフォントのインストール
  3. 好きなエディタに設定

Rictyフォントのダウンロード

まずは、GitHubというサイトからRictyフォントをダウンロードします。

ダウンロードのやり方がわからないという方は、こちらをクリックするだけでダウンロードできます。

ダウンロードした「RictyDiminished-for-Powerline-master.zip」を適当な場所に解凍しましょう。

Rictyフォントのインストール

Rictyのインストール

解凍したフォルダを開くと、たくさんファイルが入ってると思います。

その中にある以下のファイルを「コントロールパネル > デスクトップのカスタマイズ > フォント」にドラッグ&ドロップしましょう。

  • RictyDiminished-Bold.ttf
  • RictyDiminished-BoldOblique.ttf
  • RictyDiminishedDiscord-Bold.ttf
  • RictyDiminishedDiscord-BoldOblique.ttf
  • RictyDiminishedDiscord-Oblique.ttf
  • RictyDiminishedDiscord-Regular.ttf
  • RictyDiminished-Oblique.ttf
  • RictyDiminished-Regular.ttf

たったこれだけでRictyフォントのインストールが完了です!

「どうしてもフォントの画面まで移動できない!」って人は、適当なフォルダを開いて上の画像の青く囲まれたところに

コントロール パネル\デスクトップのカスタマイズ\フォント

と入力してEnterを押しても移動できます!

好きなエディタに設定

すでにRictyのインストールは完了しているので、お好きなエディタやツールでフォントを設定してみてください。

なんでもかんでもRictyフォントにすると少し見づらいので、基本的にはエディタとターミナルだけ設定していれば十分です。

まとめ

RIctyフォントの設定はめちゃくちゃ簡単です。

このひと手間をするかしないかで、プログラミングの効率が全然違います。

プログラマーであれば必ず設定するようにしましょう!

テキストのコピーはできません。