【簡単】プログラミングが難しい!わからない!つまらない!の解決法

【簡単】プログラミングが難しい!わからない!つまらない!

プログラミングは「難しい」とよくいわれますが、実際はとっても「簡単」なものです。

これは未経験者にプログラミングを教えている立場として、言い切らせてもらいます。

もちろん、なかには

「難しい!」

「わからない!」

「できない!」

「つまらない!」

と感じる方もいるでしょう。

ですが、プログラミングを「難しい」と感じてしまうのには理由があります。

それは、プログラミングの基本を理解しないまま応用を勉強しているからです。

誰だって、最初はわからないところからスタートしますよね。

少しずつ理解していき、基本を覚え、そこからは波に乗ったようにスラスラ理解できるようになります。

この基本を「理解したつもり」ですっ飛ばしてしまうと、そのあとの勉強についていけなくなるのも当たり前なんです。

そこで、今回はプログラミングを「簡単」にするための方法について考えてみます。

プログラミングが難しい理由

プログラミングを難しいと感じてしまう理由の1つに、「プログラミングの基礎を理解できていないから」というのがあります。

基本ができていないと先へ進めずに「難しい」と感じてしまい、ほかのネガティブな感情も生まれやすくなります。

  1. プログラミングは難しい
  2. プログラミングがわからない
  3. プログラミングができない
  4. プログラミングがつまらない

わからないものはできないですし、できないものはつまらないですよね。

じゃあ、もしプログラミングが「簡単」だったらどうでしょうか?

  1. プログラミングは簡単
  2. プログラミングがわかる
  3. プログラミングができる
  4. プログラミングが面白い

おそらく、ほとんどの要素がポジティブに変換されると思います。

プログラミングの基礎を理解し、「プログラミングは簡単だ!」と感じることができれば、勉強も楽しくなります。

プログラミングを簡単にする方法

さきほどもお伝えしましたが、プログラミングを「簡単」にするには、基本をしっかり身につける必要があります。

基本を理解できれば、あとはすべて応用なので、時間をかければプログラミングはできるはずです。

手っ取り早い解決方法は、「プログラミングスクール」を利用することです。

基礎がわかるようになるまで教えてもらうことができるので、初心者でもつまずかずに学習できます。

独学の場合だと、自力でなんとかしなければいけないのですが、これができれば苦労しないって話なんですよね。

といっても、今は昔と違ってプログラミングの学習環境が整っているのも事実です。

本を読んで学ぶ以外にも、プログラミング学習サイトを使ったり、動画で学習したりできるようになりました。

なので、まずは独学で勉強してみて、「難しい」「わからない」となったらスクールに通うという方法がおすすめです。

「わからない!できない!」ことが出てきたら

プログラミングの基本を理解していても、わからない部分、できない部分が出てきます。

たとえば、フレームワークやインフラ、ネットワーク、セキュリティなど、プログラミング以外の部分ですね。

エンジニアとしてのスキルはプログラミングだけではないので、何かしらのシステムを作ろうとしたときにたくさんの壁にぶつかるのです。

エンジニアとして、「知らないことを調査して解決する」というのは割と普通のことなのですが、初心者にとってはハードルが高いかもしれません。

もし、まわりに頼れる知り合いがいないのでしたら、スクールに通うことも考えてみましょう。

キツネ

独学ではやっぱり限界があるよ!

プログラミングがつまらないのは目的がないから

ある程度、プログラミングの基礎が理解できるようになっても、「つまらない」と感じるときもあるかもしれません。

それは、プログラミングをする目的を見失っている可能性があります。

あなたがプログラミングする目的は何でしょうか?

  • 作りたいものがあるから
  • 環境を変えたいから
  • 稼ぎたいから

この目的が遠い人ほどモチベーションを維持することが難しくなり、結果「つまらない」と感じてしまいます。

「エンジニアを目指すなら半年~1年は時間をかけて勉強したほうがいい」

なんて声もありますが、僕はあまりおすすめしません。

プログラミングが楽しいと思える人以外は、苦痛の時間が長引くだけだからです。

そんなに長い間、エンジニアに転職できるかどうかもわからない状態で、自分の大切な時間を投資し続けることは精神的にツライと思います。

長くても半年でプログラミングを一通り学び、実際にWebサイトなどを作るというステップに進んだほうがいいです。

何より長期間になるとモチベーション維持がとっても大変なので、モチベーション維持が苦手な方は短期間で勝負するようにしましょう。

キツネ

途中で投げ出したらもったいないよ!

まとめ

プログラミングが難しいと感じるのは、プログラミングの基礎が身についていないからです。

独学でプログラミングの基礎に自信が持てないようでしたら、スクールも考えてみましょう。

だらだら勉強を続けていても、モチベーションが維持できずに途中で挫折してしまい、それまでの勉強した時間を捨てることになってしまいます。

半年でエンジニアになるんだ!」という強い気持ちで一気に駆け抜けましょう!

テキストのコピーはできません。