プログラミングに年齢は関係ない!30歳過ぎたらスクールも考えよう!

プログラミングに年齢は関係ない

「これからプログラミングを学ぼうと考えているけど、この年齢から始めても遅いのかな?」

もし、あなたが年齢を気にしてプログラミングを学ぶことに躊躇しているのでしたら、その時間こそが無駄な時間でしょう。

プログラミングを始めるタイミングに早いも遅いもありません。

30代の方が海外旅行に行きたいから英語を学んでいる姿を見て、あなたは遅いと感じますか?

おそらく、大半の人が「行動力があって凄いな!」と感じるでしょう。

プログラミングに限らず、何かを始めることに遅いなんてないのです。

あなたの人生です。好きなことをやればいいのです。まわりの評価なんて関係ありません。

とはいえ、プログラミングを仕事にする場合、年齢がまったく関係ないのかというと嘘になります。

今回は、30歳を過ぎてプログラミングを始めても、プログラマーとして飯を食べていけるのかという疑問に答えます。

プログラミングを始めるのに年齢は関係ない

ハッキリ言いますが、プログラミングを始めるのに年齢は関係ありません。

「この年齢でプログラミングを始めても覚えられないかも…」

そんなことは絶対にないのであきらめないでください。

30代、40代でプログラミングを始めて活躍している方はたくさんいますし、この世界には60歳の現役プログラマーだっているのです。

自分で可能性を潰してしまうなんて勿体ないです。

そりゃ、若い人に比べると頭が回らない部分もあるかもしれません。ですが、それは学生に比べて頭を使う機会が減ったからです。

それなら、少しずつ頭を使って力を取り戻せばいいのです。

ちなみに、プログラミングは特別頭が良くなくても覚えられます。

僕は高卒未経験の20代後半でプログラマーになりましたが、当時の僕は会社のプログラマーの仕事ぶりを見て

「プログラマーってすごい!みんな頭良すぎる!」と思いました。

ですが、勉強しながら働いているうちに「僕でもプログラマーとしてやっていける」と感じるようになりました。

誰だって知らない分野に対して最初は凄そうに感じるもの。でも、わかってしまうとどうってことないのです。

プログラマーに年齢の限界はない

プログラマーの年齢に限界があるんじゃないか?

実はそんなものはありません。

よく耳にするのが「プログラマー35歳定年説」です。

これは、35歳を境にプログラマーを辞めてしまう方が多いという説で、プログラマーの限界が35歳といわれている原因にもなっています。

ですが、これは少し前の話。

いまはプログラマーの年齢に限界なんてものはなく、能力のあるプログラマーは何歳になっても働き続けられます。

ただし、プログラマーからSE(システムエンジニア)やマネジメント職にステップアップする方も多いので、そういう意味ではプログラマーではないかもしれませんね。

年齢と就職との関係性

プログラミングに年齢は関係ないと言いつつも、プログラマーに就職する場合は少し話が変わります。

未経験の場合、20代に比べて30代、40代の企業への就職は難しいです。

これはIT業界に限らず、若年層の社員を育てたいという背景があるからです。

ですが、いまのIT業界は人材不足が激しいため、年齢不問で募集しているところがあるのも事実です。

僕自身、採用や新人教育に関わる仕事をしていますが、30歳を超えていてもまったく気にしません。

むしろ、仕事に対する本気度を感じます。

30歳を過ぎたらスクールでブーストしよう!

さきほどお伝えしたとおり、30歳を超えると20代に比べて就職は不利になります。

では、30歳を過ぎてからプログラマーになるにはどうしたらいいのか?

それは、より高いプログラミングスキルを身につけることです。

企業は、実力のあるプログラマーであれば本当に年齢関係なく採用します。

未経験の若年層を求めている理由が、教育するのであれば長く働いてもらえる20代という考えなので、「20代の未経験を教育するよりもいいな」と企業に感じてもらえればいいのです。

年齢で不利になっている分、能力でカバーするというシンプルな考え方です。

そこでより高いプログラミングスキルを身につけるのにおすすめなのが、プログラミングスクールです。

スクールを利用することで正しいやり方でプログラミングを学べ、つまずくことなくスムーズにスキルアップできます。

また、転職サポートなどもついているので30代、40代には心強いです。

20代はお金がなく、なかなかスクールに手が出せないので、30代の財力で一気に差をつけましょう。

独学は時間がかかる

独学でプログラミングを学ぶ方法もありますが、僕はあまりおすすめしません。

なぜなら、独学はあまりにも時間がかかるからです。

個人でプログラミングを趣味にする場合は独学でいいのですが、一刻も早くプログラマーになりたいならスクールを利用したほうがいいです。

ただでさえ、20代に年齢で遅れをとっているので、ここはスクールを利用して最短でスキルを身につけましょう。

まとめ

プログラミングを始めるのに遅いなんてことはありません。

プログラミングをあきらめる理由を探すのではなく、1歩踏み出してみませんか?

まずはスクールの無料体験を試して、合わなければやめればいいですし、うまくいきそうなら続ければいいです。

人生は有限なのに悩んでいる時間は非常にもったいないです。

まずは動いてみることが大切ですよ!

テキストのコピーはできません。