もう迷わない!プログラマーの種類から自分に合った職種を探そう!

プログラマーの種類

「プログラマーになりたいけど、色々な種類があってどれを目指したらいいかわからない…」という方が多いと思います。

そこで僕がおすすめするプログラマーは以下の4つです。

  • ゲームプログラマー
  • アプリケーションプログラマー
  • AIプログラマー
  • Webプログラマー

このなかのプログラマーであれば将来性もあり、年収も高めなので安心して働けます。

ただ、「どれでもいいや」と適当に選ぶのだけはおすすめできません。

プログラマーの種類によって仕事内容や必要なスキルが全然違うので、「自分に合わなかったから他のプログラマーになろう!」と思い立っても、その分野の知識を新たに身につける必要があります。

それまでの知識が無駄になるとはいいませんが、できれば最短で自分が満足できる仕事をしたいですよね。

そこで、さきほどの4つの中から目指すべきプログラマーを選ぶための基準なんですが、これは自分が楽しめるかどうかで考えるといいです。

自分の楽しいことを仕事にできれば、ストレスも溜まりづらくモチベーションも上がるため、我慢して働いている人に比べてスキルも身につきやすいです。

プログラマーは需要があるため、仮に年収に満足できなくてもスキルがあれば転職して年収を上げることも簡単にできますから。

キツネ

この業界で生き残るにはスキルがとっても大事だよ!

では、さっそくプログラマーの仕事内容や必要なスキルについて見ていきましょう!

プログラマーの種類による違い(仕事と言語)

プログラマーの種類によって、開発するシステムや扱うプログラミング言語、ツールなどが変わってきます。

ここで紹介するプログラマーはどれもおすすめなので、自分が興味のあるものを見つけましょう。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、名前のままですがゲームを開発するプログラマーのことです。

ゲームといっても、パソコンで動くものからPS4などのゲーム機、iPhoneやAndroidなどのスマホで動くものまで様々です。

開発会社によって使っているプログラミング言語や使用しているツールなども違ってきます。

プログラミング言語で多いのは「C++」「C#」「Java」などです。

最近では「Unity」などの開発ツールを使うことで誰でも簡単にゲームが作れるようになりました。

アプリケーションプログラマー

アプリケーションプログラマーとは、簡単にいうとスマホアプリを開発しているプログラマーのことです。

説明が不要なくらいスマホアプリは身近なものとなりましたね。

暮らしを豊かにする便利なアプリ開発がメインになります。

使用しているプログラミング言語も会社によって違い、「Objective-C」「Swift」「Java」などがあります。

AIプログラマー

AIプログラマーとは、人工知能(AI)を開発したり、AIを利用したシステムを開発するプログラマーのことです。

今後、ますますAIを導入する企業や消費者が増えていくことが予想されるので、かなり需要のある職種でもあります。

使用するプログラミング言語は「Python」一択ですが、AIプログラマーはプログラミング言語以外にも数学の知識も必要になってきます。

基本的にプログラミングと数学はまったく関係ないのですが、AI分野を学ぶうえでは数学が必須なので、苦手な方(微分、積分などに苦手意識を持つ方)は他のプログラマーを目指したほうがいいです。

Webプログラマー

Webプログラマーは、Webサイトを開発するプログラマーです。

みなさんもパソコンやスマホのブラウザから色々なサイトを利用していると思いますが、そのほとんどをWebプログラマーが作っています。

僕もこのWebプログラマーの1人です。

Webプログラマーはプログラミング言語やパソコンの知識だけではなく、セキュリティやネットワークなど幅広い知識が求められます。

使用するプログラミング言語も多く、「Ruby」「PHP」「Java」「JavaScript」など様々です。

キツネ

プログラミング言語はたくさんあるけど、1つ極めれば他のプログラミング言語にも応用できるよ!

プログラマーの種類ごとの需要

プログラマーの種類によって需要も違ってきますが、いまはIT業界全体で人材不足なのでそこまで意識しなくていいです。

ゲームやWebサイトがこの世からなくなることは考えられませんし、AIの需要もさらに増えいきますからね。

下の記事ではプログラマー不足の現状や将来性について紹介しているので、気になる方は読んでみてください。

プログラマーの年収は?

プログラマーの種類によって年収が変わるかどうかですが、これは時代によっても変わってきますね。

今であればAIが成長期なので、AIプログラマーの年収は高いです。

とはいっても、プログラマーは全体的に年収が高めなのであまり気にしなくていいです。

本当に気にすべきところは就職する企業ですね。年収は企業によって大きく変わるものなので。

まとめ:楽しそうな職種がおすすめ

プログラマーの種類について説明してきましたが、あなたの気になる職種はありましたか?

あなたが楽しそうだなと思うプログラマーを目指しましょう。年収や休日はスキルが上がればあとからついてくるので、あまり心配しなくていいです。上がらなければ転職すればいいだけですし。

キツネ

IT業界は転職するほど年収が上がるといわれているくらい転職のハードルは低いよ!

ここまで読んで「別にどれでもいい」と思った方は、僕と同じWebプログラマーを目指してみてはどうでしょうか?

他の職種に比べて初心者もスキルを身につけやすいだけでなく、Webサイトやサービスを作りたいという企業が多いため、後々フリーランスになっても仕事を獲得しやすいというメリットがあります。

独立することを視野に入れている方にもWebプログラマーはおすすめです。

テキストのコピーはできません。