【Webエンジニア研修】教育カリキュラムで育成される流れを暴露!

プログラマーの研修

「研修制度があれば未経験からでもエンジニアになれるの?」

結論からいってしまえば、未経験でもエンジニア(プログラマー)になれます。

ただし、研修制度をあてにし過ぎると痛い目をみるかもしれません。

エンジニアの研修といっても、会社によって様々であり、必ずしもあなたが想像している環境とは限らないのです。

この記事では、Webエンジニアの研修について気になるポイントについて詳しく解説していきます。

  • Webエンジニアの研修内容や期間
  • 研修でどのくらい成長するのか
  • 研修後はどうなるのか
  • 研修についていくためのポイント

僕自身も会社で新人研修を担当していますので、参考になる部分も多いと思います。転職を考えている方はぜひ最後までお読みください。

エンジニアの研修は未経験でも無料どころか給料が出る

エンジニアの研修は無料で受けられるどころか給料までしっかり出るとことが多いです。

僕も未経験で入社したときにプログラミング研修を受けたのですが、「無料で学べて給料までもらえるなんて最高じゃん!」と内心ガッツポーズしていました。

ただし、研修中は試用期間になっている会社が多く、そのあいだは給料が少し低く設定されている場合もあります。

試用期間が終われば通常の給料に戻るため、そこまで気にする必要もない気がしますが、試用期間があまりにも長く設定されている場合は、給料が少ない状態が続いてしまうので死活問題です。

求人に応募する前に、採用ページで試用期間がどのくらいなのかを必ず確認しておきましょう。

もし掲載されていない場合は、メールでのやりとりや面接時に「試用期間がどのくらいなのか」を聞くようにしましょう。

Webエンジニア研修の教育カリキュラム

Webエンジニア研修の教育カリキュラムは、会社によっても全然違います。

学べるプログラミング言語の違いや、研修内容の濃い薄い、Webサイトなのかアプリなのかで覚えられるスキルも変わってくるのです。

たとえば、Webエンジニアとして僕が新人研修をする場合は、以下の内容を学んでもらっています。

  • ビジネスマナー
  • Webの全体像と仕組み
  • プログラミングの基礎
  • タイピング
  • エディタ
  • Ruby言語(Railsフレームワーク)
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Linux(コマンドや操作方法)
  • セキュリティ
  • Gitなど

いまはこれを読んでも何を書いているのかサッパリだと思いますが、研修をやっているうちに理解できるようになるので安心してください。

未経験採用の求人サイトに細かいスキルを掲載しない会社が多いのも、初心者を不安にさせないような配慮があるのかもしれませんね。

Webエンジニアの研修期間は1ヵ月~3ヵ月が多い

研修期間ですが、これも会社によってまちまちですが、だいたい1ヵ月~3ヵ月くらいが多いです。

とはいえ、まったくのプログラミング初心者が1ヵ月の研修教育で足りるとは思えません。

「プログラミングスクール」の記事にも書きましたが、仕事で使えるレベルになるには最低でも2ヵ月は必要です。

これは僕自身が未経験から独学でエンジニアになったことや、研修の講師をしているからこそ断言できます。

1ヵ月程度の研修では、業務に入ってからも苦労するので注意しましょう。

研修の成長度合いはまちまち

プログラミングの研修を2ヵ月行ったとして、どのくらいのスキルになっているか気になりますよね。

もちろん、会社の研修内容にもよりますが、簡単なサイトを1人で作れるくらいのスキルが平均だと思います。

というのも、「何かしらのサイトやアプリを作りながら覚える」という内容の初心者向けのテキストなどが多く、研修もそれに沿って進めていく可能性が高いのです。

ただ、1つのサイトを作れるといっても、研修内容は会社でまったく違うため、身につくスキルは一定ではありません。

エンジニアの研修後はOJTで働きながら育成される

エンジニアの研修が終わると、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)に入ります。

OJTとは、実際に仕事をしながら先輩に色々と教えてもらいながら育成されるというものです。

要するに、働きながら仕事を覚えてもらう。でもサポートはするよ!ってこと。

いきなり1人で仕事を任されても普通は無理なので、先輩に見てもらいながら仕事をするのです。

ただし、注意してもらいたいのは、エンジニアのOJTにも「社内で行うOJT」と「出向会社(客先)で行うOJT」の2種類があります。

特に出向先でのOJTは、新しい人間関係を築きながら勉強しつつ働くことになるので、コミュニケーションスキルの低い人は精神的にキツイ場合もあります。

いま出ている未経験採用をしている求人の多くは出向ありきだったりするので、技術を盗んで転職するという考え方であれば、勉強期間として割り切って入社するのもアリです。

「出向は絶対にイヤ!」という方は、自社開発をしている数少ない企業に採用されるくらいの器になる必要があります。

手っ取り早いのはプログラミングスクールなどに通ってスキルを磨き、それを武器として転職活動する方法です。

研修についていけない可能性もある

研修を受けた人の中には、「研修がキツくてついていけない」といって、研修中に辞めてしまう人もいます。

厳しいことをいうようですが、会社は学校ではありません。

「研修があるから安心だ~」と研修を学校の授業のように考えていると、必ず痛い目にあいます。

  • 同期にどんどん追い越される
  • 先輩から「あいつはやる気がない」とレッテルを貼られる
  • 研修についてこれなくなると見捨てられる
  • 試用期間中は最悪クビになる

こうならないためにも、研修中にしっかりとプログラミングスキルを身に付ける必要があるのです。

とはいっても、実際にプログラミングをやってみるまでは自分に合っているかどうかなんてわからないですよね。

ここで僕が伝えたいのは、「心配するくらいなら事前にプログラミングを学んでおいたほうがいい」ということです。

「研修で教えてもらえるのに、その前に勉強する必要あるの?」と思うでしょう。

ですが、本気でエンジニアを目指しているほとんどの人は、事前に独学やプログラミングスクールで勉強してきます。

つまり、同期であっても入社時のプログラミングスキルはすでに差が開いている可能性があるのです。

研修前にプログラミングを学ぶメリット

さきほど、研修前にプログラミングを学んでおいたほうがいいとお伝えしました。

もちろん、絶対に勉強しなければならないというわけではありません。

ですが、プログラミングがまったく分からない状態で転職し、「思っていたのと違った…」とすぐに会社を辞めてしまうと履歴書に傷がついてしまい、そのあとの転職が不利になります。

それに、勉強して損するということは絶対にありません。

勉強した内容と研修内容がまったく同じことはありえませんし、仮に同じ個所があったとしても、復習になるため頭にも残りやすいです。

他にも以下のようなメリットがたくさんあります。

  • プログラミングがどういうものかわかる
  • プログラミングスキルが身につく
  • 転職しやすい
  • 研修に焦らずついていける(復習感覚)
  • 研修中に同期と差をつけられる
  • 先輩から実力を認めてもらえる

別に無理してスクールに通って勉強しろと言っているわけではありません。

独学で勉強できる方は独学でもいいと思いますし、そうでない方はスクールの無料体験から始めてみましょうって話です。

受講してみて、やりたければ正式に受講すればいいですし、合わなければエンジニアとしてやっていくこと自体を考え直すこともできるので、選択肢の1つとして考えてみてほしいのです。

また、事前にプログラミングスキルを身に付けておけば、研修中も「僕は君たちとは違う!」というような無双状態を研修中にアピールできます。

実際に僕も未経験で入社したときは、独学でスキルを身につけていたので、「終わりました!次は何をしたらいいですか?」と採用担当者のペースを乱せるくらいアピールできました。

僕みたいな「みんなと同じは嫌だ!」という人にもおすすめの方法なのです。

プログラミングスキルという武器を持った強キャラで入社し、そのまま一気に駆け抜けましょう!

キツネ

入社をゴールにしないことが大切だよ!

まとめ

研修教育カリキュラムの内容や期間は会社によって変わってきます。

応募する際は、研修内容が明記されていて、研修期間が2ヵ月以上の企業を選びましょう。

ただし、研修があるからと気を抜いていると、研修についていけず、同期にどんどん追い抜かれていきます。

「自分は大丈夫!別に不安はないよ!」という方は、さっそく転職サイトで研修ありの求人を探してみましょう。

  • doda(デューダ)」…doda限定の非公開情報などが魅力の転職サイト
  • Tech Stars Agent」…エンジニア経験者のコンサルタントが担当の頼れるエージェント

そうでない方は、入社する前にしっかりプログラミングスキルを学んでおきましょう。

独学でもいいですが、プログラミングスクールを利用することで実践で使えるスキルを効率よく学ぶことができます。

また、スクールに通うことで転職サポートを受けられることも魅力的です。

受講料はかかりますが、エンジニアになることで簡単に返すことができる金額です。

スキルが身につくだけでなく、転職先の紹介までしてくれるのですから、お金を払ってでも自分に投資する価値はあると思います。

まずは、無料体験をしてみて、プログラミングとはどんなものなのかを確かめておきましょう。

転職したあとで「自分には合わなかった」と、手遅れになるよりは何倍もマシですよ!

テキストのコピーはできません。