プログラマーとSEの違いは業務だけ!好きを極めて価値を出そう!

プログラマーとSEの違い

「プログラマーとシステムエンジニア(SE)って何が違うの?」

「プログラマーとして働き続けることは無理なの?」

実は僕もこの業界に入る前は、プログラマーとSEの違いがまったくわかりませんでした。

プログラマーになってから、「最終的にはプログラマーはSEを目指す流れが圧倒的に多い」と気付いたのです。

ですが、僕はその一般的な流れに逆らい、SEにはならず「プログラマー」という道を選びました。

その後、僕のプログラマー人生はどうなったと思いますか?

結論からいうと、給料も上がり、仕事の幅が広がる結果となりました。

この記事は「プログラマーでずっと生きていくことはできないのか」という疑問に答えるにあたって、以下についても詳しく解説していきます。

  • PGとSEの仕事内容の違い
  • PGとSEの年収の違い
  • PGとSEの将来性
  • 好きなほう、得意なほうを目指してもいい理由

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の仕事の違い

IT業界には、プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)という職種が存在します。

どちらもWebサイトやアプリなどのシステム開発を担当していますが、業務内容が大きく違います。

SEは「上流工程」、PGは「下流工程」を主に担当しているのです。

もっと簡単にいってしまうと

  • SEはお客さんと会話して「設計書」を書く
  • PGは設計書を読んで「プログラム」を書く

ちなみに、僕は自称プログラマーなんですが、SEの業務もこなしています。

そんな僕が見ている実際のSEとプログラマーの仕事について詳しく解説します。

システムエンジニア(SE)の仕事

システムエンジニア(SE)は、「上流工程」と呼ばれる業務をこなします。

上流工程とは以下の順番で進んでいきます。

  1. お客さんがやりたいこと(要求)をヒアリング(要求定義)
  2. 要求をもとに仕様をお客さんと決めていく(要件定義)
  3. 要件をもとにシステムを作るための設計を行う(設計書作成)
  4. 設計書をもとに作られたシステムの品質をチェック(検証)

この他にも、システム全体の期間や工数(費用)などを決めることもあります。

お客さんと一緒にシステムを作り上げていくことにやりがいを感じる方はSEに向いています。つまり、外向的な人ですね。

ただ、お客さんの要求をとらえ間違えた設計書などを作ってしまうと、システムの作り直しなどが発生し、最悪システムの完成が遅れるなどの厳しい一面もあります。

仮に間に合っても、プログラマーは無駄な労力を使うことになり、「ダメなSE」というレッテルを貼られ、プログラマーからの信頼を落とすこともあります。

プログラマー(PG)の仕事

プログラマー(PG)は、SEが作った設計書をもとにプログラミングし、作ったシステムを動かす状態まで持っていく「下流工程」が仕事になります。

キツネ

メインはプログラミングだね!

プログラマーの仕事内容については、以下の記事にも詳しくまとめました。

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の年収の違い

では、プログラマーとSEの年収の違いも見てみましょう。

厚生労働省の「平成27年賃金構造基本統計調査」を確認すると

  • システムエンジニア…平均年齢「38歳」、平均年収「550万8000円
  • プログラマー…平均年齢「32歳」、平均年収「416万900円

というデータが出ています。

SEとプログラマーで平均年収が大きく違いますね。

ただ、平均年齢を見てもらえるとわかると思いますが、SEに比べてプログラマーのほうが6歳ほど若いんですよね。

実はこのデータからわかることの1つに、プログラマーとして働き続けるのではなく、途中でSEに職種を変えていく人が多いという背景が隠されています。これについては後ほど詳しく説明しますね。

ちなみに、プログラマーの年収は絶対にSEを超えられないのかというと、そんなことはありません。

さきほどのデータはあくまでも平均なので、プログラマーの僕よりも年収が低いSEもいるはずです。

詳しくは「Webエンジニアである僕の年収を大公開!【未経験からの転職】」で僕の年収を公開していますので気になる方はどうぞ。

プログラマーからSEになる流れが一般的

さきほど、プログラマーの年収はSEに比べて低いということをお伝えしました。

これは、一般的にプログラマーはSEの1つ下の職種という位置づけになっているからだと思います。

というのも、SEの業務が上流工程と呼ばれる作業で、お客さんやお金に近いところで仕事するのに対し、プログラマーは下流工程と呼ばれるSEが作った設計書をもとにシステムを作ります。

つまり、SEがいなければプログラマーは仕事がないので、SEのほうが重宝されているわけです。

キツネ

案件を持ってきたり、人に指示するポジションはやっぱ強いよね…

そのため、プログラマーとしてある程度の経験を積んだあとは、SEとしてステップアップする流れ(キャリアパス)がほとんどです。

ここで勘違いしてほしくないのは、プログラマーもSEも役割が違うだけで、どちらの能力が上だの偉いだのはありません。むしろ、協力関係にあります。

プログラマーとして力をつけてからSEになる

プログラマーとしての力がついてくると、簡単な設計が自然とできるようになり、SEがやる設計書作成などの業務を任されることが増えてきます。

そして、少しずつプログラミング作業を減らし上流工程の業務をメインでやるようになり、いつの間にかプログラマーからSEへと変わっていくのです。

いきなりSEになるのはおすすめできない

いきなりSEを目指そうと考える人もいるかもしれませんが、僕はあまりおすすめしません。

なぜなら、プログラミング未経験でSEになるとプログラミングの理解が足りないこともあり、無理な仕様や案件を持って帰ってくる可能性があるからです。要は、危ない案件かどうかを嗅ぎ分けることができないってこと。

キツネ

説明が難しいんだけど、これは世間的にもよく言われていることなんだよね…

SEを目指している方は、多少なりとも必ずプログラミングを経験しておきましょう。

大手企業でプログラマーは難しい

これから新卒でプログラマーを目指している人は、大手企業に就職する前にしっかり調査してほしいことがあります。

それは、本当にプログラマーとしての道(キャリアパス)が存在するのかどうかです。

よく聞く大手企業では、プログラマーではなくSEとしての教育を受けさせるところが多いみたいです。

大手の場合は案件を他社に発注する側となるため、プログラマーを抱える必要がほとんどないんですよね。

プログラマーを目指している方は、ここらへんも確認するようにしましょう!

絶対にSEにならないとダメなのか?

プログラマーとして経験を積んだあとはSEになる流れがほとんどだとお伝えしましたが、すべての会社がそうなのかというと、それは少し違います。

現に僕が働いている会社では「プログラマーを極める」という道も用意されているからです。

そんな会社なんてほとんどないのでは?

はい、非常に少ないと思います!

じゃあ、どうするのか?

そういうポジションをあなた自身が作るのです!

もし、「プログラマーのあとはSEだよね」って雰囲気が会社にあるのでしたら、そんなものはぶち壊してしまいましょう!

プログラマーの価値を認めてもらえるような仕事をし、その存在の必要性を上司に訴えるのです。

キツネ

僕は上司に相談してプログラマーの価値を認めてもらったよ!

もし、それで何も変わらなければ上司に「辞める!」と脅して給料交渉を持ちかけてもいいと思います。

それでも変わらなければ、プログラマーとしてお金を出してくれる企業へ転職するのもアリですよ。

どこの企業も人材不足で困っているのですから、プログラマーは強気でいいのです!

プログラマーもSEも将来性のある職種

プログラマーとSEに業務の違いはあれど、どちらも将来性のある仕事に間違いはありません。

いまのIT業界は過度なエンジニア不足が叫ばれていて、この人材不足は10年以上続くといわれています。

プログラマーもSEもしばらくは需要がありそうなので、「仕事がない!」なんてことにはならないでしょう。

エンジニアの将来性については以下に詳しくまとめています。

自分のやりたい職種を極めたほうが幸せになれる

それで、結局プログラマーとSEどちらを目指せばいいの?って話なのですが

プログラマーでもSEでも、あなたの好きなほう、得意なほうを目指しましょう!

というのが僕の答えです。

なぜなら、嫌いなことや苦手なことを無理して頑張っても途中で辛くなりますし、本当に好きな人と比べるとスキルも伸びづらく効率も悪いです。

それなら、好きなことに振り切ってスキルをグーンと伸ばしたほうが個性も出ますし、その分野に関して評価もされますよね。

コミュ障でリーダー気質じゃなくたって、プログラミングスキルが高ければ同僚から頼りにされるのと同じです。

もちろん、プログラミングも設計もできるハイブリッドスキルなんかもアリです。

キツネ

「○○のことならアイツに聞け!」となれば大成功だね!

ここで伝えたいのは、「勝てないフィールドで戦うよりも、自分の強みを生かせるフィールドで戦いましょう!」ってことです。自分のポジションを確立できれば、年収も必ず上がりますので。

ちなみに、僕がプログラマーになった理由も「お客さんに気を遣わず、土日休み、適温の環境でパソコンをカタカタしてるだけでお金がもらえる」ところに魅力を感じたからです。

だから、僕的にはお客さんとやりとりするSEになったんじゃ本末転倒なんですよね。

まとめ

プログラマーとSEでは業務内容や年収に違いがあります。

プログラマーはプログラミングがメインの下流工程、SEはお客さんとの打ち合わせや設計書を書く上流工程。

役割が違うだけと言いつつも、全国的にSEのほうが平均年収は高めになっているのが現状です。

ただ、「自分は絶対にプログラマーで生きていきたい!」という方は、SEにはならずにプログラマーとしてのスキルを磨き続けたほうがいいです。

エキスパートになって自分のポジションを確立できれば、プログラマーであっても給料が上がるので、豊かな人生を送れるようになります。

そのためにも、プログラマーを目指している方は、基本となるプログラミングスキルは入社前にしっかりと身につけておくことが大切です。

入社時からスタートダッシュで駆け抜けられると、同期との差を上司にもアピールできるので、最初からかなり有利なポジションをとることができますよ。

テキストのコピーはできません。