プログラマーに資格は必要ない!有利になるためにスキルを磨こう!

プログラマーの資格

単刀直入に言ってしまいますが、プログラマーに資格は必要ありません。

学校の先生や医師みたいに国家資格を持っていなければ働けないとか名乗れないなんてルールはIT業界にないのです。

つまり、言ってしまえば「プログラマー」は誰でも名乗ることができる職種ということです。

じゃあ、プログラマーの資格はいったい何のためにあるのか?

資格が必要ないのにプログラマーとして証明していくことはできるのか?

今回は未経験者教育を担当している僕が、資格を取ることのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

プログラマーに資格は必要ない

繰り返しになりますが、プログラマーに資格は必要ありません。

なぜなら、プログラマーは資格がなくてもプログラマーとして就職できるからです。

もちろん、どこかの企業に就職しなくとも、フリーランスになってプログラマーと名乗ることもできます。

プログラミングを仕事にしている人はみんなプログラマーなんです。

プログラマーに資格がいらない理由

プログラマーは「資格がなくてもなれる」とお伝えしました。

では、専門的なスキルが必要なプログラマーという職種に、なぜ資格がいらないのでしょうか?

それは、必ずしも「資格がある = スキルがある」ではないからです。

資格を持っていれば、ある程度の知識を持っているという証明にはなりますが、スキルが身についているという証明にはなりません。

キツネ

「資格持ってるのに、全然プログラミングできない!」なんてのはよくある話だよ!

企業がプログラマーに求めているものは、実際に現場で動ける人材であり、肩書きを持っている人材ではありません。

これは実際にプログラミングしてみないとわからないと思いますが、プログラマーは毎日のように本に載っていない数多くの問題にぶつかります。

要件に合わせたプログラムの組み立て方や、予期せぬエラーの解消など、乗り越えなければいけない障害が本当にたくさんあります。

「何かしらのシステムを作り上げた」という経験のほうが、資格勉強とは比べものにならないくらいの経験値になるのです。

つまり、資格取得のための努力は認められるけど、それが実践で活かせるかどうかはまったく別の話だってことなんです。

独学で取れるおすすめの資格

「それでもやっぱり資格が欲しい!」という方もいると思いますので、独学でも取れるおすすめの資格をいくつかご紹介します。

まず最初に、「初心者がIT業界に行くなら必ず取っておけ」と一般的におすすめされている有名な2つの資格です。

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験

これらの資格は国家資格であり、幅広いIT知識を持っていることを証明するための資格になります。

そのため、この資格を持っているだけで「それなりにわかっている」くらいには思われるでしょう。

ただ、これらの資格はIT知識を広く浅く対象としているので、プログラミングスキルが身につくわけではありません。

もちろん、とても有名なスキルなので持っていて損をすることはないのですが、就職するための資格として割り切ったとしても150時間前後の勉強が必要なんですよね。

キツネ

実践で使えない割には結構な時間を投資するよ!

そこで僕が本当におすすめしたい資格が以下のようなものです。

  • Ruby技術者認定試験
  • C言語プログラミング能力認定試験

これらの資格は国家資格ではありませんが、資格取得と同時にプログラミングを学べるためかなり実用的です。

このようなプログラミング言語の資格を持っていると、「プログラミングについて基本的な部分は理解している」というくらいには評価されるはずです。

また、試験の回数も年に1、2回しか受験できない国家資格と比べて、民間資格のほうが多くなっているため、万が一落ちてしまってもすぐにまた受け直せるメリットもあります。

それだけなく、いまの企業が求めている「プログラミングスキルを持ったプログラマー」の需要ともマッチしやすいと思います。

もちろん、資格を持っているくらいじゃ実践レベルには程遠いですが、基礎を理解している分、飲み込みも早いですし、プログラミングに魅力を感じて応募してきたことが採用側にも伝わりやすいです。

「どうしても資格が欲しい!そして仕事にも役立てたい!」と考えるなら、より実用的であるプログラミングの資格を狙ったほうがいいでしょう。

キツネ

ちなみに僕も独学でC言語の資格を取ったよ!C言語自体はWeb業界でまったく使わないけど、プログラミング言語の基礎だから応用しやすいよ!

プログラミングの資格があれば有利なケースもある

プログラマーに資格はいらないとお伝えしながらも、実は僕自身プログラミングの資格を取ってプログラマーになりました。

キツネ

矛盾してるとか言わないでね!

プログラマーに資格が必要ないことは当時の僕も知っていましたが、「資格があれば転職で有利になるんじゃない?」と考えていました。

プログラミングスキルをまったく持たない未経験者が目の前に2人立っていて、1人だけプログラミングの資格を持っていたらどうでしょうか?

資格持ちのほうが「やる気がある」と判断されることはわかりきってますよね。

僕もこの資格のおかげなのかわかりませんが、無事IT企業にプログラマーとして入社することができました。

ですが、これは一昔前の話です。

いまは独学でプログラミングスキルを身につけてくる方が増えてきていて、見かけだけの資格くらいでは有利に戦えなくなってきています。

独学で勉強してくる方のほとんどは、プログラミングの基礎だけでなく、何かしらのサイトを作るスキルまでも身につけてきます。

まとめると

スキルあり(独学) > 資格あり > 資格なし

ということになります。

キツネ

いまの時代、資格って思ったほど有利ってわけじゃないんだよね!特にプログラマーの世界は圧倒的なスキルが大事!

このような独学で学んできたライバルに負けないためにも、しっかりプログラミングスキルを身につけ、自分でサイトやアプリ作り、面接官に見せるなどのアピールが必要です。

ですが、個人でアプリを作れるレベルまで勉強し続けるのは想像以上に大変ですし、何より確証のない未来に向かってモチベ―ションを維持し続けることはとても難しいです。

ただ、できることならプログラミングを勉強したついでにサイトをサクッと作ってしまいたいというのが本音ですよね。

実はプログラミングスクールを利用することで、これらの悩みを一度にすべて解決してくれます。

スクールについて気になる方は「【エンジニア目線で比較】プログラミングスクールのおすすめと選び方」の記事を読んでみてください。

まとめ

プログラマーになるだけなら、資格はまったく必要ありません。

仮に資格を取るにしても、大学へ通わずとも独学で取ることができます。

ただし、資格を取るためには多くの時間が必要ですし、そこで学んだことはプログラミングにほとんど結び付きません。

ここでしっかり考えてほしいのは、「何のために資格を取るのか」ということです。

確実にプログラマーになって一生食べていけるスキルを身につけたいのであれば、独学やプログラミングスクールに通ってプログラミングスキルを身につけることをおすすめします。

資格を取ることよりも、プログラミングスキルを身に付けることのほうが圧倒的に重要です。

プログラミングスキルは資格と違って、就職したあとでも役立つ絶対に裏切らないスキルですから。

それに頑張って資格を取ったところで、スキル持ちの応募者に採用で勝つことは難しいです。

キツネ

僕の会社でも自分でシステムを作れるレベルの人の評価はかなり高いよ!

プログラマーになるという目先の目標にとらわれ過ぎずに、プログラマーとして自分が成長できるかどうかを基準にして考えるようにしましょう。

独学とスクールで迷っている方は、以下にメリットとデメリットについて詳しく書いた記事がありますので、参考にしてみてください。

テキストのコピーはできません。