【腱鞘炎対策】マウスはケンジントンのトラックボールが快適!

トラックボールマウスはケンジントン

プログラミングに限らず、パソコンで長時間マウスを触っているとツラくなってくるのが「腱鞘炎(けんしょうえん)」です。

僕もエクセルで資料を作っていたり、調べ物などをしてるときにマウスを1日中さわっていたりするのですが、よく腱鞘炎で手首を痛めていました。

手首が痛すぎて仕事にならなくなってきたとき、以前同僚から借りた「ケンジントン(Kensington)」のトラックボールマウスを思い出しました。

すぐに、ケンジントンのトラックボールマウスをAmazonで買って使い始めたところ、それまでが嘘のように腱鞘炎にならなくなりました。

ケンジントンのマウスは1万円前後と少しお高いですが、それに見合う価値のある魅力的なマウスです。

今回は、同じように腱鞘炎対策で悩んでいる方のために、ケンジントンの魅力を徹底レビューします!

ケンジントントラックボールマウスの魅力

ケンジントンのトラックボールマウス

見た目がカッコイイ

まず、なんといってもこの見た目がカッコいいですよね!

こんなフラットなデザインマウス、他では見たことがありません。

省スペース

ケンジントンのトラックボールマウスは、マウス自体を動かす必要がないので、マウスを置けるスペースさえ確保できれば十分です。

「マウスをグイングイン動かして、マウスパッドからはみ出ちゃう!」なんてことがなくなります。

腱鞘炎対策になる

ケンジントンの魅力といえば、やはり「トラックボール」です。

トラックボールのマウスを使ったことがない方は、「どうやって使うの?」って感じだと思いますが、実はこのボールをクルクル回すことでマウスポインタが動くのです。

つまり、マウスを動かす必要がないため手首にまったく負担がかからず、腱鞘炎になる心配もありません。

マウスの上に手を広げて載せるスタイル

「手に負担がかからないのはわかったけど、トラックボールって使いやすいの?」

実は、慣れるとかなり使いやすいです。

そして何より、マウスの上に手をそっと載せているだけなので楽なんですよ。

まず、このフラットなデザインにトラックボールがある形は、この「ケンジントン(Kensington)」というメーカーだけです。

親指で操作するトラックボールマウスは「LOGICOOL(ロジクール)」という会社も出していますが、持ち方は従来のマウスと同じで、親指が当たるところに小さなボールがついている感じです。

僕はロジクールも使ったことがありますが、ケンジントンに比べて親指での細かい操作が難しかったので合いませんでした。

また、従来のマウスと同じ持ち方のため、手が常に緊張していてあまり楽と感じなかったんです。

キツネ

人によって合う合わないはあるよ!

スクロールが特殊で面白い

ケンジントンのトラックボールマウスの面白いところは、スクロールの操作性です。

通常のマウスだと真ん中にスクロールダイヤルがついていて、それをコロコロ縦に転がすように操作しますが、ケンジントンの場合はボールのまわりにスクロール機能がついているのです。

ボールのまわりにあるダイヤルを回すタイプ、ボール自体を横に回すことでスクロールされるタイプの2つがあります。

僕がいま使っているのはボールを横に回すタイプで、回すたびに「カチカチカチ」という電子音が鳴ります。

そして、これが面白いほど電子音に感じません!本当にそこにダイヤルがあるのかなって思うくらい!

「本当によくできた作りだな~」と使うたびに感心しちゃいます。

キツネ

金庫を開けるときのダイヤルみたいな感覚だよ!

ショートカットボタンを設定できる

ケンジントンのマウスは、ショートカットキーも設定できます。設定できるショートカットは6つだけです。

よく、何十個ものショートカットを設定できるゲーミングマウスみたいなものがありますが、僕には使いこなせなかったのでこれだけあれば十分です。

むしろ、ボタンが多くて邪魔だったり、変に光ったり、見た目もゴテゴテしていて好きになれませんでした。

掃除しやすい

ケンジントンのトラックボールマウス

実はこのボール、マウスから簡単に「スポッ」と取り外せるようになっているので掃除も簡単です。

また、この穴の底は空洞になっているので、ホコリなどがたまる心配もありません。

ちなみに、先にお伝えしておきますが、ここにビリヤードの球は入りません!

僕もケンジントンを買う前に「ビリヤードの球も入るんじゃない?」と調べたのですが、大きさが合わないみたいで無理でした。

ケンジントントラックボールマウスの選び方

ケンジントンのトラックボールマウスには、有線と無線があります。

結論からいってしまうと、有線なら「SlimBlade Trackball」、無線なら「Kensington ExpertMouse」を選びましょう。

この2つは作りが少し違うのでそれぞれ紹介します。

有線なら「SlimBlade Trackball」

有線の「SlimBlade Trackball」は、マウス自体がフラットなデザイン、スクロールダイヤルがないところがポイントです。

ダイヤルはありませんがボールを横に回すとスクロールできます。

キツネ

僕がいま使っているのもコレだよ!

ワイヤレス(無線)なら「Kensington ExpertMouse」

ワイヤレス(無線)の「Kensington ExpertMouse」は、bluetooth(ブルートゥース)での接続ができます。

見た目は、先ほどの「SlimBlade Trackball」に比べて少し角度がついていること、ボールのまわりのダイヤルを回してスクロールするところが大きな違いです。

以前は僕もこのシリーズの有線バージョンを使っていました。

僕が使っていて気になったのはダイヤルの隙間にゴミが入ってしまい、少し汚く見えてしまうところですね。

「こまめに掃除するから気にしない!」という方は問題ないと思います。

安く済ませたいなら「Orbit Trackball」

できるだけ安く済ませたいという方は、「Orbit Trackball」もアリです。

さきほどの2つに比べ、安く抑えられるというのは大きいです。

ただ、やはり安いこともあり、ゆったり感が少なく、ボールも小さく軽すぎて操作しづらいです。

安く済ませるよりも、自分の気に入ったものを1つ持っていたほうが幸福度は高いと思います。

まとめ:お値段以上の価値がある

どのトラックボールマウスを選んでも腱鞘炎は解消されるので、買って後悔することはありません。

デザインや操作性に関しては完全に好みなので、自分がいいなと思ったものを直感的に選ぶといいです。

マウスは毎日使うものなので、できるだけ早く買い替えて健康的な生活を送りましょう!

テキストのコピーはできません。