爽快感がスゴイ!HHKBがプログラミング用キーボードとして最適な理由

HHKBとは

普段、どんなキーボードでプログラミングしていますか?

980円で買った安いキーボードを使っている方もいれば、ノートPCのキーボードをそのまま使っている方もいるでしょう。

「キーボードなんて、どれも同じでしょ?」なんて思ってませんよね?

HHKB(Happy Hacking Keyboard)」というキーボードを使ったら、そんなことは言えなくなりますよ。

だって、キーを押し込んだ瞬間に虜になってしまうくらいの爽快感がありますから。

キーボードはプログラミングで毎日使うものであり、プログラマーにとっては「商売道具」でもあります。

プログラマーも職人であれば、道具にはとことんこだわるべきなんです。

キツネ

美容師さんや調理師さんがハサミや包丁にこだわるのと同じだよね!

今回は、まだHHKBを使ったことがないあなたに向けて、HHKBが欲しくなるような魅力をレビューしたいと思います!

HHKBとは

HHKB(Happy Hacking Keyboard)とは

Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)は、株式会社PFUより販売されているパソコン用キーボード。和田英一の提言「けん盤配列にも大いなる関心を」(NAID 10011806064)がきっかけとなり、個人が終生、コンピュータ本体が変わったとしても入力用として使い続けられるような小型キーボード、として、PFUが製品化したものである。

引用:Wikipedia

Wikipediaじゃちょっとわかりづらいので、僕が簡単に特徴をまとめるとこんな感じ。

  • キー入力に「静的容量無接点方式」を採用
  • コンパクトで持ち運びがしやすい
  • 丈夫で長持ち

これだけだと、HHKBの良さがまったく伝わらないと思うので、もう少し詳しく紹介していきます!

HHKBをおすすめする理由

見た目がスマートでカッコいい!

hhkb

引用:https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/20th/

なんといっても、HHKBは見た目がスマートでとってもカッコイイんですよね!

また、英語配列限定ですが、キートップに何も印字されていない「無刻印」版なんかもあります。

無刻印版は「Ctrl」や「Alt」、「abc」などのアルファベットなどの文字が一切ないキーボードなんですよ。

キー配置を暗記している方しか使えないキーボード。まさに玄人向きですね。

そんなカッコイイHHKBを使える自分にテンションも上がり、毎日のプログラミングが超楽しくなります!

キツネ

プログラマーであれば、このカッコよさに惚れちゃうね!

非常にコンパクトで邪魔にならない!

HHKBの特徴といえば、その「コンパクト」さです。

コンパクトなので机の上に置いといても場所をとらないのはもちろん、軽いので持ち運びがとっても楽です。

キツネ

コンパクトだから、机が狭い人にもおすすめだよ!

打鍵の爽快感で生産性が上がる!

メンブレン方式と静電容量無接点方式

引用:https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbprojp/feature.html

実は、HHKBの1番の目玉は打鍵(キーを叩くこと)にあります。

何がいいかって、打鍵時の「スコスコッ」となる感触や打鍵音です。

こればっかりは触ってみないとわからないでしょうが、この感覚や音が嫌いな人は珍しいと思います。

この打鍵の秘密は「静的容量無接点方式」と呼ばれるキースイッチにあります。

従来のキーボードは「メンブレン方式」と呼ばれる、ペコペコしたゴムを押すことで文字を入力することができるのですが、しっかり押さないと反応しなかったり、ゴムが劣化すると押したキーが戻らなくなったりします。

キツネ

ゲームコントローラーのボタンや十字キーみたいな感じかな!

一方、HHKBで採用している「静的容量無接点方式」は、ゴムではなくスプリング(バネ)が入っていて、それを押すことでキーが入力されるのです。

キー押下時の静電容量値の変化を検出してキー入力を行う静電容量無接点方式を採用。キーを底まで押切る必要がないため、軽くなめらかなキータッチを実現します。

引用:PFU公式サイト

簡単にまとめると、この「静的容量無接点方式」と呼ばれるキースイッチが、この爽快感を生んでくれるってことです。

この方式のキーボードは東プレの「REALFORCE」シリーズと、PFUの「Happy Hacking Keyboard (HHKB)」シリーズくらいなんですよね。

ただ、REALFORCEよりもHHKBのほうがコンパクトだというとことが大きな違いです。

手が疲れない!

さきほど紹介した「静的容量無接点方式」は爽快感だけでなく、手の負担を大幅に減らす効果もあります。

静電容量の変化でキー押下を検出するので、押し込む必要が無く指への負担が少なく疲れにくい信頼性と耐久性に優れたキースイッチ

引用:PFU公式サイト

つまり、押し込む必要がないためタッチが軽く、長時間使っていても疲れないってことです。

プログラマーであれば、1日に何百回とキーを押すので、当然指に負担がかかります。これが何年も続くのですから、できるだけ負担が少ない方がいいですよね。

コンパクトでタッチも軽いので、指の移動や力が必要なく、腱鞘炎(けんしょうえん)にもなりづらいです。

丈夫で長持ち!

せっかく気に入ったキーボードを買ったのに、すぐに壊れてしまったら残念な気持ちになりますよね。

でも、HHKBなら安心して使うことができます!

チャタリングがなく3000万回以上のキー寿命を実現する抜群の耐久性。
樹脂にインクを浸透させる方式のため、長期間の使用でも刻印が剥げることがありません。

引用:PFU公式サイト

スイッチの接点がなく磨耗しないため3,000万回以上の打鍵が可能で優れた耐久性を誇ります。

引用:PFU公式サイト

つまり、キーを毎日10000回押し続けたとしても約10年は使えるってことです。

また、印字されている刻印も特殊な加工がされていて剥げないので、劣化を感じることなく使い続けられます。

HHKBの種類と選び方

HHKBにもいくつか種類がありますので、自分に合ったキーボードを選びましょう。

ここからは、それぞれの用途にあわせてHHKBを紹介していきます。

無線なら「BT」

「キーボードは無線じゃなきゃ嫌だ!」

「iPadやiPhoneでも使いたい!」

そんな方におすすめなのが、「HHKB Professional BT」です。

日本語配列、英語配列、英語配列(無刻印)の3種類があり、色はそれぞれ白と墨(黒)の2色になっています。

普段ノートPCやiPadを使っているという方は、無線のキーボードにすることで持ち運ぶたびに、線を抜き差しする面倒な作業から解放されます。

キツネ

無線なら机の上もスッキリだしね!

打鍵音が気になるなら「Type-S」

「打鍵の爽快感は欲しいけど、静かにタイピングしたい!」

そんな要望に応えた、タイピングの音をできるだけ抑えたモデルが「HHKB Professional Type-S」です。

「キーの打鍵音を従来のモデルよりも30%低減している」ということで、HHKBシリーズのなかでは1番打鍵音が小さいモデルになります。

こちらは、日本語配列、英語配列、英語配列(無刻印)の3種類から選べます。ただし、色は白のみ。

とりあえず、「タイピングは静かにやりたい」という方はこちらの「Type-S」がおすすめです。

定番は「JP」か「2」

「有線でもいいし、タイピング音も気にならないから、コスパのいいHHKBが欲しい!」

そんな方は、以下の定番2シリーズから選びましょう。

  • 日本語配列なら「HHKB Professional JP
  • 英語配列なら「HHKB Professional 2

この2つは、日本語配列と英語配列で名前が違うだけで仕様は同じです。

色が、それぞれ白と墨(黒)の2色があり、英語配列に限り「無刻印」も選べます。

安く買いたいなら「Lite2」

実は、HHKBには「静的容量無接点方式」の他にも「メンブレン方式」を採用した「Happy Hacking Keyboard Lite2」というキーボードがあります。

当然、「静的容量無接点方式」のほうが指への負担や耐久性など優れているのですが、型落ちなのでお値段が5000円前後と他のシリーズに比べて安いのが特徴です。

ただ、やっぱり僕個人の意見としては、HHKBは爽快感がないとHHKBではないと思っています。

それでも、「コンパクトで安いほうがいい!」って方はどうぞ。

まとめ:実際に使ってみてほしい!

ここまでのHHKBシリーズを用途ごとにまとめてみます。

HHKBをまだ1度も使ったことがなくて気になっているって人は、騙されたと思って使ってみてください。この爽快感は使った人にしかわからないと思うので。

毎日のタイピングが楽しくなること間違いなしです!

もし、僕のことが信じられないのであればAmazonレビューを見てもらえれば納得してもらえるはずです!

テキストのコピーはできません。