仕事が辛い、辞めたい。そんな人生を変えるプログラマーという選択肢

仕事が辛い、辞めたい

「仕事が辛い、行きたくない…」

「休日も仕事のことを考えて楽しめない…」

「仕事を辞めたいけど転職できるか不安…」

仕事が辛くて辞めたいはずなのに、退職にストップをかけてしまう1番の理由が「お金の問題」ではないでしょうか。

ですが、あなたにとって今の仕事が我慢できないくらい辛いのであれば、無理して働き続けることはありません。

あなたは、もうたくさん頑張ってきたはずです。少し休憩しましょう。

そのまま働き続けていても、身体を壊して鬱(うつ)になるリスクを高めてしまうだけです。

まずは自分の身体を1番に考えてあげてください。

「でも、お金がなくなると生活していけない…」

それもわかります。

じゃあ、身体を壊さない環境に転職してみてはどうでしょうか?

「そんなものあるわけない」なんて思わないでくださいね。

僕自身、以前はブラック企業に勤めていましたが、いまはホワイト企業で何の不満もなく暮らせています。

つまり、あなたに合った環境は探せばあるのです。

「そんなこと言ったって、簡単には辞められないよ!」

じゃあ、どうします?このままずっといまの会社で働き続けますか?

心のどこかで「いつか辞めよう…」なんて考えていたりしませんか?

先延ばしにしていたって、何も変えることはできません。

「辞められない」じゃなくて、「辞める」と決めることが大切なんです。

お金が心配なら、その心配をなくす方法が見つかれば解決できますよね。

辞められない理由を探して終わるのではなく、そこから転職するまでの未来を考えてみてはどうでしょうか?

  1. 仕事が辛いのに辞められない理由を考える
  2. 仕事に対する不満を考える
  3. いまの職種で不満が解消されるかを考える
  4. 自分に合った職種で転職する

たとえば、僕の場合ですと「プログラマー」という道を選びました。

技術職でしたし、収入や休日だけでなく、将来性を考えても安心して働ける職種だと考えたからです。

仮に職場の人間関係が悪くても、プログラマーは転職しやすい職種でもあることも大きな理由でした。

転職した結果、心に余裕ができ、自分の人生が大きく変わりました。

僕と同じように人生に迷っている方にとって、この記事が新しい人生の1歩を踏み出すためのキッカケになれば嬉しいです。

仕事が辛いのに辞められない理由

まず、なぜ仕事が辛いのに辞められないのかについて考えてみましょう。

仕事を辞めることに抵抗がある方は、こんなことを考えていませんか?

  • 世間の目が気になる
  • 自分がいなくなると会社が困る
  • お金がなくなると困る

仕事を辞めることで家族や友人の目が気になるという方もいると思います。

たしかに、一昔前は一つの職場で働き続けることが良しとされていましたが、今は時代も変わり、転職や副業が当たり前の時代になりました。

世間はあなたの転職回数に興味はありません。あなたが気にし過ぎているだけなのではないでしょうか。

また、「自分が会社を辞めると迷惑がかかる」と考えてしまう心の優しい方もいますが、それは「自分の人生を犠牲にする」ということになります。

会社のことより、自分の人生や健康を優先してください。

あなたが抜けたくらいでは、会社は潰れないのでしょう。よっぽどのことがない限りは1年後もそこに会社はあり続けているはずです。

そして、何よりも心配なのは「生活するためのお金」でしょう。

会社を辞めたまま働かなければ、いずれお金が底をついてしまうことは目に見えています。

ですが逆にいえば、次の転職先が見つかれば辞められるということでもあります。

新しい転職先や人生設計ができれば、退職することにブレーキをかける必要もなくなるはずです。

悩んでいるだけでは何も変わりませんし、今日、ここから動き出してみませんか?

「とりあえず、転職サイトに登録だけしておく」でもいいと思います。

何かしら前に進んでいることが大切なのです。歩き出さなければ、明日もまた同じことで悩んでしまうはずです。

いまの職種に不満がないかを考える

あなたはいまの職場のどんなところに不満を感じていますか?

  • 給料が低い
  • シフト制が辛い
  • 土日休みにしたい
  • やりがいがない
  • 体力的にキツイ
  • 精神的にキツイ

他にも色々あると思いますが、ここで考えてほしいことは、「いまと同じ職種で転職したとして、これらの不満が改善されるか」です。

たとえば、接客業であればシフト制や土日出社を変えることは難しいですし、給料だって手に職をつけているような職種じゃない限り、なかなか上がらないかもしれません。

また、将来性や安定面で考えると、替えがきくような仕事はいずれAI(人工知能)に仕事を奪われる可能性があります。

転職するにしても、どんな職種で働き続けるのかをしっかり考える必要があります。

もし、「自分に合っている職種がわからない」というのであれば、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

いまのあなたの悩みを聞いてくれるだけでなく、あなたに合った職種を紹介してくれます。

お金はかかりませんので、迷っている方はぜひ試してみてください。

転職エージェントに無料登録 

今すぐ辞めたいならプログラマーを目指すのもいい

「転職活動なんかする余裕がない。辛くて我慢できないし、本当はいますぐにでも辞めたい」

もし、あなたがそれほど追い込まれているなら、仕事を辞めてしまいましょう。

そのような状態で仕事を続けていると、本当に身体を壊してしまうからです。一度壊れてしまった身体はそう簡単には治りません。

健康でいることが何よりも大切なのです。

とはいっても、勢いで仕事を辞め、そのままダラダラした生活を続けていると「このままでいいのだろうか…」と考えてしまうものです。

そんな生活があなたには見えているからこそ、いま仕事を辞めることをためらっているのですよね。

では、辞めることで得られた多くの時間を、身体のリフレッシュにあてるだけでなく、次の転職に活かしてみてはどうでしょうか?

そこでおすすめなのが、「プログラミングの勉強」です。

仕事を辞めたことで得られた時間をプログラミングの勉強にあてるメリットは以下です。

  • 家にいながらプログラミングスキルが身につく
  • プログラマーに転職できる
  • 転職先に退職理由を「プログラマーになりたかったから」と伝えられる

実は、僕も半年くらいニートをしていた時期があります。

仕事を辞めて時間だけはたくさんあったので、独学でプログラミングを勉強していたのです。

1度は挫折しましたが、諦めずに頑張り続けた結果、まったくの未経験からプログラマーになることができたのです。

そこまで頑張ってプログラマーを目指していたのには理由があります。

  • 年収が高い
  • 土日祝休み
  • 手に職がつく
  • 就職先に困らない
  • 将来の不安が消える
  • フリーランスになれる

もし、あなたが求めているものがこの中にあるのでしたら、僕と同じプログラマーを目指してみませんか?

「そんなことを言われても、自分に合うかわからないし…」

もちろん、そうだと思います。

ですが、こればっかりはやってみなければわかりませんよね。

そこでまずは、「プログラミングスクールの無料体験」を試してみてほしいです。

そこで実際に体験してみて、プログラマーへの未来が描けるのであれば、会社を辞めてプログラミングスクールに通うという選択肢が増えます。

家にいながら通えるので、身体を休めながら自分のペースで勉強することができます。

僕は独学で勉強したのでかなりの時間がかかってしまいましたが、今ではプログラミングスクールというものもあり、これを利用すれば2ヶ月ほどで手に職をつけられます。

プログラミングスクールのメリットや選び方は「【エンジニア目線で比較】プログラミングスクールのおすすめと選び方」をお読みください。

さいごに

仕事が辛くて辞めたいのにも関わらず、「生活のため」と我慢して働き続けることは異常だと考えてください。

無理を続けて身体を壊してしまっては、たとえお金があっても意味がありません。

まずは、会社を辞める方向で考えてみませんか?

できるだけ早く転職したいのか、それとも一度仕事を辞めて転職ための勉強期間にあてるのかで、これから何をすべきかが変わってきます。

「自分に合った会社で働きたい」という方は、転職エージェントに相談しましょう。

「仕事を辞めてプログラマーとして人生を変えたい」という方は、プログラミングスクールの無料体験を受けてみましょう。

まずは1歩、踏み出すことが大切なんです。

3ヶ月後の自分を想像してみてください。

今の会社で我慢して働き続けていますか?

それとも他の会社で新しいスタートを切っていますか?

あなたが笑っていられる未来であることが正解なんです。

テキストのコピーはできません。