【超簡単】Gitのインストール方法と初期設定(Windows、Linux)

Gitのインストールと設定

Gitのインストール方法はとっても簡単です!

ダウンロードして、ちょこっと設定するだけで、初心者の方でもすぐに使い始められます。

今回は、Windows、LinuxそれぞれのGitインストール方法と初期設定について紹介します。

Gitについて「理解がイマイチ…」という方は、さきに以下の記事を読んでみてください。

Gitのインストール方法

Gitのインストール方法は、WindowsやLinuxなどのOSによっても変わってきます。

Gitで管理したいファイルがある環境にインストールしましょう。

インストールしたあとのGit操作は、基本的にどのOSでも同じになっています。

GitをWindowsにインストール

git for windowsのインストール

WindowsでGitを使うには、「git for windows」をインストールする必要があります。

「git for windows」をインストールすることで、Git系のツールがいくつか使えるようになります。

その中でも今回使いたいのは、CUIで操作する「Git Bash(ギットバッシュ)」です。

GUI版のツールも同時にインストールされるのですが、主に業務で利用するのはCUIなので、「Git Bash」での操作に慣れておきましょう。

git for windowsのインストール

では、「git for windows」をダウンロードして、インストールしてみましょう。

  1. 「git for windows」公式サイトからダウンロード
  2. ダウンロードした「Git-2.21.0-64-bit.exe」を起動
  3. 画面に従ってインストール
  4. 最後に「Finish」で完了

Git Bashの起動

次に、「Git Bash」を起動してみます。

  1. キーボードの「Windows」ボタンを押す
  2. 「git」と入力
  3. 表示された「Git Bash」をクリック

「Git Bash」が起動し、真っ黒が画面が出てきたら成功です。

Git Bashとは

「Git Bash」とは、「Bash」とよばれるシェルをエミュレーションし、コマンドラインでWindowsを操作できるツールです。

Git Bashには、以下のようなメリットがあります。

  • Gitコマンドが使えるようになる
  • Linuxのコマンドが一部使える
  • Linuxのショートカットキーが使える
  • Windowsのコマンドプロンプトの代わりになる

Gitコマンドが使えるようになる以外にも、使いづらいWindowsの「コマンドプロンプト」を使う必要がなくなるところは、普段Linuxを使っている方からすると非常に大きなメリットですね。

Linuxのシェル、コマンド、ショートカットキーについて知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

キツネ

次は「Gitの初期設定」に進んでね!

GitをLinux(CentOS)にインストール

Linux(CentOS)にGitをインストールするには、「yum」コマンドを使います。

Gitをインストール
$ sudo yum install -y git

これで、Linux環境でGitを使えるようになりました。

Gitの初期設定

Gitのインストールが終わったら、初期設定を忘れずにおこないましょう。

この設定をしないと、いくつかのGitコマンドが実行できないので注意してください。

といっても、自分の「ユーザー名」と「メールアドレス」をGitに設定するだけです。

この設定で、Git利用時に「誰がコミットしたのか」を判別できるようになります。

では、以下のコマンドを自分のユーザー名とメールアドレスに書き変えて実行してみましょう。

Gitの設定
$ git config --global user.name "ユーザー名"
$ git config --global user.email "メールアドレス"

正しく設定されているか、以下のコマンドで確認してみてください。

Gitの設定を確認
$ git config --list
        :
        :
user.name=user_name
user.email=example@example.com

もし、確認してみて間違いに気づいたときは、さきほどの設定コマンドをもう一度実行すれば書き換わります。

ちなみに、この個人設定は「~/.gitconfig」に記述されるようになっています。

Gitの設定ファイルを確認
$ cat ~/.gitconfig
[user]
        name = kitsune
        email = example@example.com

キツネ

個人の設定だから、ホームの下にファイルができるんだね!

まとめ

Gitのインストールや初期設定は簡単にできましたね。

ただ、Gitは基本的にコマンドライン(CUI)での操作になるので、慣れていない方は少し大変だと思いますが、ここは頑張って使いこなしましょう!

次は「【入門】GitHubとは?使い方や用語を覚えてリポジトリを作ってみる!」を読んで、インストールしたGitとGitHubを連携させてみましょう。

テキストのコピーはできません。