女性はWebエンジニアになろう!結婚後も働きやすい環境の理由とは?

女性プログラマー

数は少ないですが、最近は女性エンジニア(プログラマー)も増えてきました。

とはいっても、まだまだ男性のほうが多いのが現実です。

ですが、僕は女性にこそWebエンジニアになってほしいなと思っています。

その理由は以下です。

  • 性別による年収の差がない
  • 女社会でないため、働きやすい
  • 手に職をつけられる
  • 仕事と子育てを両立しやすい

エンジニアは将来的に結婚を考えていた場合でも、長く続けられる仕事です。

今回は女性エンジニアの実態やメリットなど、女性が気になるポイントをいくつか紹介します。

Webエンジニアの仕事とは

Webエンジニアとは、お客さんと要件定義をしたり、パソコンに向かってプログラミングなどの業務をおこなう仕事です。

ただ、一般的な事務とは違い、しっかり勉強し、自分の頭で考えながら手を動かす必要があります。

難しそうなことをやっているように感じるかもしれません。ですが、誰もが最初は未経験。ゼロからのスタートです。

実際に働きながら手を動かしているうちに覚えてしまいます。

他にも以下のような特徴があります。

  • 年収が高め
  • 土日祝休み
  • 手に職がつく
  • 服装が自由なところが多い

エンジニアについてもっと詳しく知りたい方は「【IT】エンジニアとは?職種の種類や仕事内容、目指すためのポイント」を読んでもらえればと思います。

女性エンジニアの年収

Webエンジニアの年収が、女性と男性とで変わることはほとんどありません。

僕の会社にも女性の先輩エンジニアがいますが、おそらく僕よりも年収が高いはずです。

スキルが高いだけでなく、まわりからも信頼されている先輩の年収が僕よりも低いなんてことは考えられません。そんな理不尽な会社であれば先輩はすぐに転職してしまいますから。

IT業界って実力社会なんです。力のある人が給料をもらって当然な世界なんですよ。

キツネ

僕の会社の評価制度をみても、性別で年収が上下する仕組みはないよ!

もちろん、育児しながら働きたいという女性のニーズもあるので、勤務時間を減らして育児と仕事を両立できるようにした結果、男性に比べて年収が低いというのはあると思います。

ですが、これは女性にとっての働きやすさを追求した結果なので、能力に対する対価が低いというわけではないですよね。

いまのIT業界は時代の最先端にいることもあり、男性に役職を与えて女性と差をつけるような古い体質の会社はますます減っていくでしょう。

女性エンジニアは少ない

女性エンジニアは男性と比べると少ないです。割合でいうと男女比8:2くらいでしょうか。

決して、ネガティブな理由で女性が少ないわけではありません。

純粋にエンジニアに興味を持つ女性が少ないだけなんだと思います。

仕事内容に女性だからとかは関係なく、女性もバリバリのエンジニアとして働いていますので。

未経験の女性エンジニアが増えている

さきほど、女性エンジニアは少ないとお伝えしましたが、実は、未経験からエンジニアを目指す女性が年々増えてきています。

僕の会社でも求人を出すと、本当にたくさんの女性から応募があります。

採用基準も、男性だからとか女性だからとかはまったく関係ありません。

やる気のある方、能力のある方であればどんどん採用しています。

エンジニアはしっかり勉強すれば、どなたでも目指せる職種なのです。

エンジニアが女性にとって働きやすい理由

実は、男性よりも女性にこそエンジニアになってほしいと僕は思っています。

「年収の違いがない」とか「結果主義だから」という理由ではありません。

  1. 女社会から解放される
  2. 産休、育休がある
  3. 結婚後も復帰しやすい

では、詳しく見ていきましょう。

女社会から解放される

女性が少ない職場だからこそのメリットもあります。

  1. 女社会のギスギスした空気が一切ない
  2. 男性からチヤホヤされるかもしれない

女性の多い職場に勤めていると、「女性の同僚に変な気を遣ってしまい、仕事以外のところで疲れてしまう…」なんてことがあったかもしれません。

僕は男なので女社会のルールみたいなものに詳しくはありませんが、ショップ店員だったときに「大変そうだな…」という目で見ていることは過去にありました。

ですが、エンジニアの世界では女性は圧倒的に少ないため、女性同士のモヤモヤからサヨナラできます。

むしろ、男性にチヤホヤされることのほうが多くなるので、女性としては嬉しいのではないでしょうか?

僕自身も未経験者の方にプログラミングを教えていますが、女性には優しいですよ!

キツネ

ちなみに僕のまわりの女性社員は仲よく毎日ランチにいってるよ!

産休や育休がある

IT企業に限った話ではないのですが、産休や育休が認められている会社が多いです。

僕の会社でもこのような制度があり、みなさん1年ほど休んでいます。

古い体質の会社やブラック企業では難しいでしょうが、求人サイトを見る限りでは、最近のIT企業は女性を優遇しているところが多いです。

いまのIT業界はエンジニア不足といわれているため、「できるだけエンジニアを減らしたくない」というのもあると思います。

会社の離職率を下げ、現場に復帰してもらいたいという企業が増えているのでしょう。

結婚後も復帰しやすい

女性エンジニアは、産休や育休が終わったあとも復帰しやすいという特徴があります。

つまり、子育てと仕事の両立がしやすいのです。

  1. 手に職があるため需要がある
  2. フレックスタイム制を導入しているところが多い
  3. 在宅ワークができるところもある
  4. フリーランスになることもできる

エンジニアは技術職です。

そのため、結婚退職や育児などでブランクがあっても需要があり、いつでも復帰することができます。

また、会社によってはフレックスタイム制を導入しているところもあり、子供ができたときでも、保育園の送り迎えの時間に合わせて調整することができます。

他にも、小学校に上がるまでは在宅ワークを認めてくれる会社などもあり、育児をする女性にとっては働きやすいのではないでしょうか。

在宅ワークがOKなんて、ほかの職種では考えられません。パソコンがあればどこでも働けるエンジニアだからこそですね。

また、仮に会社を辞めたとしても、フリーランスになれば働く時間や場所に縛られずに収入を得ることができます。

未経験からエンジニアになる方法は3つ

ここまで、女性エンジニアの実態についてお伝えしてきました。

女性がエンジニアを目指すメリットについて、具体的に知ることができたのではないでしょうか。

では、次に未経験からエンジニアになるための具体的な方法を見ていきましょう。

  1. 未経験採用で転職する
  2. 独学で勉強してから転職する
  3. プログラミングスクールに通ってから転職する

1つ目は、何も勉強せずに未経験採用枠を狙って転職活動のみに集中する方法です。

これは非常にライバルが多いため、たくさんの企業に応募し、何度落とされてもへこたれないメンタルを持ち合わせている方向けのやり方です。

2つ目は、独学でプログラミングを勉強してから転職する方法です。

独学で勉強する場合は、わからなくても自分の力で調べて解決する必要があるため、多くの時間がかかります。

また、モチベーションの維持も大変なので、挫折しない根性をお持ちの方向けのやり方です。

3つ目は、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけてから転職する方法です。

多少、お金に余裕がある方や早く成果を出したい方向けのやり方です。

そして、このプログラミングスクールに通うことが、最短でエンジニアになる方法でもあります。

プログラミングスクールに通ってしまえば、家にいながら空いた時間で勉強でき、わからないところでつまずいても講師にすぐ聞けて挫折しづらいです。

また、転職サポートなどもあり、転職先を紹介してくれるところも魅力的です。

デメリットとしては受講料がかかることですが、これもエンジニアに転職できればすぐに返せる金額ですし、授業料を支払ったことで「ここで諦めたらもったいない!」とメリハリをつけて頑張れると思います。

さいごに

いまは共働きの時代といわれていて、結婚しても専業主婦にはならずに働き続ける女性が多いです。

パートとして働き続けるよりも、エンジニアとして土日祝休みのボーナスありで在宅ワークやフレックス勤務するほうが生活も充実するでしょう。

また、結婚する気のない方であっても、「Webエンジニア」という肩書はカッコいいですし、仕事に困ることもないため1人で一生食べていけます。

仕事について悩んでいる方は、まずはプログラミングスクールの無料体験を利用してみてはどうでしょうか?

実際に体験してみて、合わなければエンジニアという選択肢を消せばいいですし、合いそうならそのままエンジニアを目指してみましょう。

「エンジニアになろうかな~でも自分に合うかわからないしな~」と悩んでいても、判断材料がないためいつまでたっても答えを出せません。

考え過ぎずにまずはやってみることも大切です。無料体験なのでお金もかかりませんので。

スクールを続けるかどうかは、そのあとに悩めばいいのです。

実際に体験した結果から、今後どうすべきかを決められるようになります。

テキストのコピーはできません。