「Ctrl2cap」で「Caps Lock」を「Ctrl」に入れ替える!(Windows10)

「Ctrl2cap」で「Caps Lock」を「Ctrl」に入れ替え

「Ctrl」キーって、とってもよく使うキーですよね。

それなのに、わざわざ左下の「Ctrl」キーまで指を伸ばしていませんか?

もし、そんな効率の悪いことをしてるのなら、いますぐ改善しましょう!

よく使うキーがそんな遠いところにあるなんて非効率ですから。

キツネ

プログラマーならどんどん効率を上げていこう!

「Ctrl」を使いやすくする方法はとっても簡単。

「Caps Lock」を「Ctrl」に変えてしまえばいいのです。

そして、それを可能にするツールが「Ctrl2cap」なんです。

今回は、Ctrl2capのインストール方法を簡単に紹介します。

「Ctrl2cap」で入れ替える理由と特徴

まず、最初に伝えたいのが「Caps Lockってほとんど使わないですよね?」ってこと。

「Caps Lock」ってキーボードの上に手をホームポジションで置いたときに、左手の小指のすぐ隣という「かなりいいポジション」なのにも関わらずです。

それに比べ、「Ctrl」キーはショートカット操作で本当によく使います。

それなら、滅多に使わない「Caps Lock」キーと、頻繁に使う「Ctrl」キーを入れ替えたほうが効率的なんじゃないかって話なんです。

そこで、登場するのが「Ctrl2cap」というツールです。

これは、Windowsを作っているMicrosoft社が提供しているツール。

つまり、何がいいたいかっていうと「公式が出しているツールだから安心だよね!」ってこと。

「Ctrl2cap」を使わずに、Windowsのレジストリ(Windowsの設定DB)を書き換えたり、よくわからないツールで設定することもできますが、おすすめはしません。

元の状態に戻せなくなるかもしれないし、非公式だと少し不安ですもんね。

では、さっそくインストール方法を見ていきましょう!

「Ctrl2cap」のダウンロード(windows10)

  1. Ctrl2cap配布サイト」にアクセスして、以下の図を参考にダウンロード
  2. ダウンロードした「Ctrl2Cap.zip」をデスクトップに展開(C:\Users\自分のユーザー名\Desktop\ctrl2cap)

Ctrl2capのダウンロード

キツネ

展開先はどこでもいいけど、今回はわかりやすくデスクトップにしたよ!

「Ctrl2cap」のインストール

  1. 「Windows」ボタンを押して、「cmd」と入力
  2. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリック

Ctrl2capのインストール

  1. 起動したコマンドプロンプトに「cd C:\Users\自分のユーザー名\Desktop\ctrl2cap」と入力しEnter
  2. 「ctrl2cap /install」と入力しEnter
  3. 「Ctrl2cap successfully installed. You must reboot for it to take effect.」と表示されるのを確認
  4. Windowsを再起動

Ctrl2capのインストール

「Ctrl2capがインストールできない!」「Ctrl2capが効かない!」って人は、コマンドプロンプトを「管理者権限」で開いてなかったり、展開先のフォルダをうまく指定できていない可能性が高いです。

キツネ

再起動も忘れずにね!

「Ctrl2cap」のアンインストール

  1. 「Windows」ボタンを押して、「cmd」と入力
  2. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリック
  3. 起動したコマンドプロンプトに「cd C:\Users\自分のユーザー名\Desktop\ctrl2cap」と入力しEnter
  4. 「ctrl2cap /uninstall」と入力しEnter
  5. 「Ctrl2cap uninstalled. You must reboot for this to take effect.」と表示されるのを確認
  6. Windowsを再起動

Ctrl2capのアンインストール

キツネ

「Caps Lock」を戻すときも「Ctrl2cap」ツールを使うよ!

まとめ

  • 「Ctrl」をデフォルトで使っているのは非効率
  • 「Caps Lock」に「Ctrl」を割り当てたほうが効率的(入れ替えるわけじゃない)
  • 「Ctrl2cap」はMicrosoftが提供しているツールなので安心

これでショートカットが使いやすなったはず!タイピング速度も上がりますね。

「もっと効率よくプログラミングしたい!」って方は以下の記事もおすすめなのでどうぞ。

テキストのコピーはできません。