プログラマーになるには?大学は有利?中途採用の戦い方を教えます!

プログラマーになるには

プログラマーになるには、どうしたらいいのでしょうか?

やはり、情報系の大学や専門学校を出た新卒でなければ、プログラマーにはなれないのでしょうか?

高卒や未経験、30代でプログラマーになるために独学で勉強しても意味がないのでしょうか?

このようなを疑問を持っている方も多いと思いますが、実はそんなことありません!

プログラマーになるための条件に、学歴や成績、資格はまったく関係ないのです。

キツネ

僕だって高卒の未経験からプログラマーになれたんだよ!

確かに、大手企業の中には新卒しか採用しないところがあるのも事実です。

ですが、「どうしてもこの会社に入社したい!」というのがない限りは、どなたでもプログラマーになるチャンスはあるのです。

プログラマーになるにあたって、もっとも重要なことは何か?

それは、プログラマーとして業務をこなすことができるかどうかです。

企業は、あなたが本当に戦力になりそうかどうかを以下の基準で見ています。

  • 「プログラマーとしての素質」がある
  • 「プログラミングスキル」がある

現段階でプログラミングがわからなくても、「教育したら伸びそうだ!」と企業が判断すれば採用されるでしょう。

学歴や成績も、この「プログラマーとしての素質」を見極めるための1つの基準なのです。

仮に学歴がなかったとしても、すでに「プログラミングスキル」を持っているのであれば、「即戦力なる」「やる気がある」と評価され採用に繋がるのも事実です。

このように、プログラマーになるためのアプローチは大卒や新卒だけではないのです。

今回は中途採用でプログラマーを目指す方に向けて、新卒採用との違いや中途採用での戦い方を詳しく解説していきたいと思います!

プログラマーになるには大学の新卒が有利なの?

中途採用と比べ、新卒でプログラマーに就職する際のメリットはこんな感じです。

  1. プログラミング未経験でも入社しやすい
  2. 新卒採用のみの企業に就職できる
  3. 同じ未経験でも、中途採用に比べて初任給が高い

ですが、逆に大学に通うことでマイナスになる点もあります。

  1. 競争率が激しい
  2. 大学での費用が高い
  3. プログラミングスキルはそれほどつかない
  4. 大学卒業するまでプログラマーになることができない

日本では、新卒で入社すると中途採用と比べて初任給が高いことが多いです。

ですが、プログラマーの世界では仕事のできる人のほうが年収が増える傾向があります。

仮に今いる会社で給料が上がらなくても、プログラマーとしてのスキルがあれば転職を繰り返すたびに年収はどんどん上がるのです。

「新卒」というカードが強力なのは最初だけで、入社後は自分のスキルを磨き続ける必要があります。

また、新卒採用は競争率が高い上に自分のポテンシャル(素質)を武器にしなければいけないため、ライバルと差別化するための自己アピールがとても難しいです。

中途採用でプログラマーになるには3つの方法がある

中途採用枠でプログラマーになるには、以下の3つの方法があります。

  1. 「未経験OK」かつ「研修あり」の求人に応募する
  2. 独学で勉強してからプログラマーになる
  3. プログラミングスクールを卒業してからプログラマーになる

では、1つずつ見ていきましょう。

未経験で研修制度のある求人に応募する

転職サイトを見ていると「未経験OK」や「研修制度あり」などの記載がある求人ページを見つけることがあります。

もし、「プログラミングの勉強せずに早くプログラマーになりたい!」というのであれば、これらの企業に応募するという方法があります。

ただし、これは以下の質問にしっかりと答えられる自信のある方だけにおすすめします。

  1. なぜプログラマーになりたいのか
  2. プログラマーになるために何をしてきたのか
  3. なぜその企業を選んだのか
  4. 自分の強みは何か

今の時代、「未経験からプログラマーになりたい!」という方は非常に多いため、自分にしかない武器(強み)をアピールできなければライバルに勝つことはできません。

自信のない方はプログラミングスキルを身に着け、自分の武器を作っておいたほうが結果的に早くプログラマーになれます。

独学で勉強してからプログラマーになる

Webサイトや本などを読み、独学でプログラミングを学んでからプログラマーになるという方法もあります。

独学のメリットは以下です。

  • プログラミングを自分のペースで勉強できる
  • お金がかからないこと

やはり「お金がかからない」というところが1番大きいと思います。

「お金はないけどやる気はある!」って人におすすめの方法です。

ただし、すべて自分の力だけで勉強するため、以下のような注意点もあります。

  • 専門用語が多く、つまずきやすい
  • わからないところを聞くことができない
  • 理解に時間がかかる
  • どこまで勉強すればいいのかわからない
  • モチベーション維持が大変
  • プログラミングができる証拠を採用面接時にアピールすることが難しい

特に、独学で学んだことをアピールするためには資格の取得や実際に作ったアプリなどを見せる必要があります。

「1人でそこまでできる自信がないな」という方は、次のプログラミングスクールも考えてみてください。

プログラミングスクールを卒業してからプログラマーになる

今現在、「自分に強みがない」「独学で勉強するのは難しい」と感じている方はプログラミングスクールをおすすめします。

プログラミングスクールに通うことで

  • 正しいやり方でプログラミングスキルが身につく
  • わからないところを聞ける
  • モチベーションを保ちやすい
  • スクールで作ったアプリを面接時に見せることができる
  • 転職先を紹介してくれる

などのメリットがあります。

デメリットといえば

  • 授業料がかかる

これだけです。

ただし、この授業料もプログラマーになって年収が上がればすぐに取り返せるため、「自分への投資」と考えることもできます。

キツネ

将来的にお金を生むスキルを買ったって感じかも!

プログラミングスクールに通うことで、結果的に早くプログラマーになれるのです。

未経験や高卒、30代でもプログラマーになれる?

今までお伝えしてきたとおり、未経験や高卒でもプログラマーになることができます。

「未経験OK」「研修あり」の求人を片っ端から狙っていく方法もありますが、プログラミング知識ゼロの場合、何度も不採用になる覚悟が必要です。

また、独学で勉強するにしてもそれなりの「時間」と「モチベーション」を維持しなければなりません。

もっと「確実にプログラマーになりたい」のでしたら、プログラミングスクールに通うことも考えてみてください。

プログラミングの基礎から応用までをしっかり学び卒業することで、転職でかなり有利になるはずです。

特に30歳を超えている方は、プログラミングスクールの存在は大きいでしょう。

「若手キャリア育成のため」のような理由が記載されている求人でも、プログラミングスクールに通っていたと書くことで「戦力になるかも」と面接まで通ることがあるからです。

そして面接ではプログラミングスクールで作ったアプリを見せることができるため、さらに有利になります。

また、転職サイトだけでなく、プログラミングスクール側でも転職先の紹介などを行っていることも魅力的です。

ある程度企業で経験を積んだあとは、フリーランスになる道もあるので、プログラミングができれば年齢に関わらず一生食べていくことができますよ。

未経験からプログラマーに転職する際の詳しい内容は、「未経験でもエンジニアに転職できる!採用までの最短ステップ!」にもまとめています。

さいごに

学歴や経験に関係なくプログラマーになるために、今すぐできることは3つです。

  1. 「未経験OK」かつ「研修あり」の求人にたくさん応募する
  2. 独学で勉強する
  3. プログラミングスクールに通う

ただし、確実にプログラマーになりたい方はプログラミングスクールを選択しましょう!

プログラミングスクールは授業料がかかりますが、転職後は「年収UP」や「自由」、「仕事への安心」を手に入れることができます。

授業料は実現したい未来のための「投資」と割り切ることも必要でしょう。

業界でみてもプログラマーは全然足りていないのが現状ですが、プログラミングスクールなどが普及し始めたこともあり、プログラマーを目指す方はどんどん増えてきています。

ライバルに差をつけられないよう、あなたもプログラマーへの道を1歩踏み出しましょう!

テキストのコピーはできません。